新登場

KeyVR
コネクト

ベータ版をお試しください!

IコラボレーションVRでデザインワークフローがどのように改善されるのか気になっていた方、
これは新たなテクノロジーを試す絶好の機会です。

ここからKeyShot Connectベータ版にサインアップするだけです。
その後、提供された指示に従って、KeyVRライセンスをインストールし、有効化してください。


1


シーンを準備しました。

モデルをKeyShotにインポートします。お好きなマテリアル、環境、アニメーションを追加して、シーンを保存します。

2


KeyVRをスタート

KeyShotツールバー(バージョン8以上)のKeyVRボタンを押すか、KeyVRを起動して直接シーンを開きます。

3


体験

インタラクティブな環境で3Dモデルを表示したり、マテリアルを変更したり、照明を選択したり、設計の意思決定を迅速に行うことができます。

複数ユーザーでの使用

1つのKeyShotシーンを複数のユーザーが同時にコラボレート。

素早く展開

セッションのホスティングはワンクリックで簡単にでき、
設定は一切必要ありません。

KeyShot 機能のサポート

KeyShotで設定したマルチマテリアル、環境、アニメーションは
すべてKeyVR Connectでサポートされています。

幅広いハードウェアをサポート

標準的なHTC VIVE、Oculus Rift、
Windows Mixed Realityヘッドセットと互換性があります。

VRの利点は?

バーチャルリアリティは単に目新しいだけのテクノロジーではありません。世界中の企業がデザインを評価し、製品をより早く市場に投入するために利用しています。しかし、ラーニングカーブ、開発の必要性、ハードウェアの必要要件などにより導入を躊躇するケースも多いのが現状です。それを解決すべく、ワンクリックでインタラクティブなVR体験を実現しました。

VRは一種のチャレンジ – KeyVRがそれを具現化しました。

KeyVRにより、設計者、クライアント、ステークホルダーが簡単にモデルを表示して操作したり、モデルセット、マルチマテリアル、仮想環境をスクロールしたりすることができ、より迅速で優れた意思決定を行うことができます。

Introducing

KeyVR コネクト

KeyVR コネクトは、世界中のユーザーが一緒に参加できる機能を提供しています。
同じ仮想空間に同時にいることで、コミュニケーションの強化と
協調的なデザインワークフローをより効率的に行います。

KeyVR コネクトの利用ケース

 

素早いデザインレビュー

デザインの決定を共同で行う。

 

バーチャルストア

マルチマテリアルを設定し、製品が実世界に存在するようにカラーとマテリアルのオプションをスクロールし設定します。

 

建築プレゼンテーション

建築家は、タクシーに乗ることも飛行機に乗ることもなく、クライアントの意見を聞いてすぐに反映することができます。

KeyVR コネクト機能

KeyVRと同等の機能

KeyVRと同じ機能を、マルチマテリアル、モデルセット、環境マップ、アニメーション、フィジックスなどをホストセッションで提供します。

ホストもしくは参加

ユーザーは同じLANに接続されたマシンのセッションをホストするか、セッションに参加するかを選択することができます。

シーンの共有

ネットワークパスを設定して、自動読み込み/シーンの共有を容易にします。

必要な時が始める時です。

OS Windows 7 / Windows 10
ヘッドセット Oculus Rift / Oculus Rift S / Oculus Quest (via Oculus Link), HTC Vive / HTC Vive Pro / HTC Vive Pro 2.0, Varjo VR-1 / VR-2 / VR-2 Pro, と Windows Mixed Reality headset
GPU 最高のパフォーマンスを得るためには、NVIDIA Quadroカードをお勧めします。最低スペック: NVIDIAまたはAMDグラフィックスカード(NVIDIA GTX 1080またはAMD Vega 64以上)
KeyShot KeyShot KSP もしくは BIP fファイル

サポートするヘッドセット

現在, KeyVR はOculus Rift (Oculus Desktopと共に) 、
HTC Vive, Varjo VR もしくは Windows Mixed Reality (SteamVRとともに)をサポートしています。

KeyVRを使用することで、プロセスのかなり早い段階でデザインを体験することができ、重要な変更を行うのに間に合うように完成品の詳細を把握することができます。

Paul Taylor – Life Fitness

私のHPの3Dプリント未来工場のビジョンに立つことができたのは驚きでした!

Bart Massee – Advanced Design & Strategy Team, Global HP Print Experience