特徴
驚愕のアニメーション/レンダリング品質をリアルタイムで実現

KeyShotと他のレンダラーとの違いは?

KeyShotは、3Dレンダリングとアニメーションを極めて簡単に行うプログラムです。マテリアルとライティングを素早く適用し、極めて正確なマテリアルと現実世界のライティングを再現します。では、KeyShotとはもっと詳しい説明は?また、お仕事にとって有益な点は?


簡単に

ソフトの操作ではなくデザインワークに注力してください。

KeyShotは習得するのに極めて簡単なソフトウエアでフォトリアルな画像を数分で作成可能です。ワークフローに従って操作するインターフェースは極めてシンプルで経験豊富な3Dレンダリングのプロ向けのすべての高度な機能を備えています。

KeyShotはレンダリングを行うのにインタラクティブな手法(結果がすぐに表示される)を採っており、簡単に習得し、すぐに使用することができます。3Dデータに関わる人なら誰でも、アプリケーションを開いて数分でフォトリアルな画像を作成することができます。

インターフェース自体は一見シンプルですが、KeyShotはハイエンドユーザーのニーズを満足させる数多くの機能を備えています。またよく練られ、考え抜かれたユーザーインターフェースにより、高度で複雑な機能であっても、簡単に学習して使用することができます。


Image: Martin Kamminga


素早く

アイデアをより早く具現化

KeyShotはコンセプト段階から最終製品にいたる全てのワークフローに対応するために、多くの3DCADフォーマットをサポートしています。高品質なビジュアルとスピードを提供視することにより製品開発、製造プロセス全体に幅広く寄与します。

KeyShotは、製品開発プロセス全体に上手く統合された唯一のレンダリングアプリケーションです。他に類を見ないインポートパイプラインにより、KeyShotはほぼすべての3Dフォーマットをサポートしています。

Luxion社は多くの3DCADベンダーとパートナーシップ契約を結んでおります。ユーザーは、各々のCADアプリケーションを開いたまま、直接KeyShotにデータを転送することができます。KeyShot独自のLiveLinkingテクノロジーを使用して、3DCAD内でモデルが変更されるとそれをすぐにKeyShotに転送し、作業を損なうことなくシーンを更新することができます。

デザイン初期のコンセプトプレゼンテーションや製品開発におけるデザインレビューでKeyShotを使用している場合でも、最終段階でのプレゼンテーション、営業・マーケティング用途、技術文書作成などでKeyShotを使用している場合でも、3Dデータがあればすぐに作業を開始でき、最終製品が完成する頃には、素晴らしいビジュアルコンテンツの作成が完了していることでしょう。


Image: Nils Piirma


正確に

よりリアルな表現を

KeyShotのマテリアルは、物理的な外観/形状だけでなく、科学的に正確な特性をもち、最高品質のビジュアルコンテンツを実現/作成します。プリセットやKeyShot独自のパートナーマテリアルを使用するか、もしくは独自のマテリアルを作成してください。

KeyShotマテリアルは物理的に、真に正確なものでです。他の多くのレンダリングアプリケーションのように「物理ベース」のマテリアルと称しているのではなく、KeyShotマテリアルは、マテリアルとその特性を物理的に正確かつわかりやすく実現しています。

マテリアルごとに、微調整を行い、カラー、テクスチャーの変更をリアルタイムで表示し、シーンに最適なマテリアルをすぐに適用し活用します。Cie-Labのカラーと光沢値を使用して測定したマテリアルをマッチングさせたり、Axalta Coating Systems、Mold-Tech、Sørensen leatherなどマテリアルプロバイダーが提供するライブラリを使用したりすることができます。

マテリアルカラーは、さまざまなカラースペースを使用して独自に定義することも、PANTONEやRALなどの業界標準のカラーライブラリを使用することもできます。マテリアルはKeyShot Cloudを介して共有できるため、レンダリングアセットとしては最大級のオンラインリソースを利用できます。


Image: Jiranthanin


強力なレンダリングパワー

全てのコンピューティング能力を活用

KeyShotでは、レンダリングにCPUまたはNVIDIA GPUのどちらを使用するかを選択できます。また、リニアにスケーリングして比類のないパフォーマンスを実現することができます。

KeyShotは、提供されているすべてのCPUコアを使用したり、NVIDIA RTXグラフィックスカードのリアルタイムレイトレーシング機能を利用したりすることができます。WindowsやMacどちらでも、KeyShotは、箱から出してすぐに、ほぼすべてのデスクトップやラップトップで動作します。

KeyShotは、ワンクリックでCPUモードからGPUモードに切り替えられる数少ないアプリケーションです。コンピュータ内のすべての物理および仮想CPUコアを100%活用するか、利用可能なすべてのGPUパワーを100%活用するかを選択でき、CPUやGPUが追加されてもパフォーマンスが落ちることなく、リニアにスケーリングされます。


Image: Sergio Loza


その他の高機能

正しいライティングを

KeyShotは、シンプルなスタジオ撮影から複雑なインテリア照明まで、最も正確なライティングを実現する高度なライティング機能を提供します。

KeyShotのリアルタイムレンダリングエンジンには、最先端のライティングアルゴリズムが搭載されており、室内空間のビジュアライゼーションの可能性を大きく拡張しました。KeyShotがレンダリングスピードの常識を変えたのと同じように、この照明アルゴリズムは、複雑なインテリア照明をレンダリングするための最速かつ正確な方法を提供します。

何百もの光や小さな窓からの照明を含むシーンは、品質や精度に妥協することなく、インタラクティブにレンダリングすることができます。そして、ユーザーが特定のシーンをレンダリングするのに必要なフォトンの数などの複雑なパラメータを調整することなく、KeyShot内ですべてが正確に行われます。


Image: Boyd Meeji


リアルタイム

レンダリング結果を瞬時に確認

KeyShotは真の意味でのリアルタイムレンダリングソフトです。便宜的なリアルタイムモードでもなく、後計算を行っているものでもありません。計算結果すべてが可視化されます。マテリアルや照明、カメラやアニメーションに至るまで、すべての変更が作業中に瞬時に確認できます。

KeyShotは、アプリケーション起動から完全にレイトレース化環境で作業できる初のレンダリングアプリケーションです。プログレッシブ・グローバル・イルミネーション、マルチコア・フォトンマッピング、アダプティブ・マテリアル・サンプリング、ダイナミック・ライティング・コアの組み合わせにより、KeyShotはインタラクティブな体験を提供し、フォトリアルな画像を瞬時に生成します。

マテリアル、ライティング、ジオメトリなどの変更はすべて即座に更新され、数秒以内に結果を見て評価することができます。レンダリングモードを行ったり来たりして切り替える必要はありませんし、最終的なレンダリング結果がどのように見えるかを延々と待つ必要もありません。ただ座っているだけで、最終的なイメージを目の前で確認することができます。


Image: Magnus Skogsfjord

言葉を失うクオリティ

静止画やアニメーション、インタラクティブなWebやモバイル用途まで、最高品質のビジュアルコンテンツを作成できるKeyShotの能力はあらゆるビジュアライゼーションのニーズを完全に満たすものです。
demo版ダウンロードはこちら

機能詳細、各機能の説明

レンダリング
KeyShotのすべてのバージョンで利用可能な機能

CPUレンダリング

使用可能なすべての物理CPUコアと仮想CPUコアを使用したリアルタイムレイトレーシング。コアが追加されるにつれて直線的にスケーリングします。

GPUレンダリング

ワンクリックでGPUモードに切り替え、利用可能なすべてのNVIDIA RTXグラフィックカードを使用したリアルタイムレイトレーシングを実現します。

ノイズ除去

Real-tiimeビューでのディープラーニングノイズ除去とレンダリング出力により、よりスムーズな結果が短時間で得られます。

科学的に正確な表現

IOR、拡散、サブサーフェススキャタリングなどの特性を科学的に正確な材料。

グローバルイルミネーション

間接光は3Dジオメトリ間でバウンスし、透明体マテリアルの下にあるジオメトリは自発光します。。

フォーカスドコースティクス

設定をオンにするだけで、現実世界のコースティクスがすぐに可視化され、マテリアルが光にどのように影響するかを表示します

HDRIライティング

シーンをすばやく照らします。 KeyShot HDRI環境をシーンにドラッグアンドドロップし、必要に応じて調整します

物理的な照明

モデルジオメトリの一部にライトマテリアルを適用して、エリア、ポイント、IES、またはスポットライトを追加します

素材ライブラリ

建築、布、ガラス、宝石から液体、金属、プラスチック、木材に至る700以上のマテリアルプリセット。

テクスチャライブラリ

バンプ、カラー、ディスプレイスメント、IESライトプロファイル、OpenVDB、ラフネス、ラベルなどのテクスチャへのアクセス。

環境ライブラリ

60を超える高解像度HDRI環境が備わっています。KeyShot Proで編集して独自の環境を作成します。

カラーライブラリ

KeyShot専用の、PantoneおよびRALの業界標準カラーライブラリを使用して、マテリアルに色づけします。

3Dモデルライブラリ

完全なマテリアルとテクスチャを備えた多種多様なモデルを使用して、シーンにコンテキストと詳細をすばやく追加します。

スペシャルコンテンツ

KeyShotには、Axalta Paints、Mold-Tech Textures、SørensenLeathers、Poliigon Texturesなどの限定コンテンツが含まれています。

KeyShot Cloud

素材、HDRI、バックプレートなどのKeyShotアセットを検索して共有し、KeyShotにダウンロードし使用します。

お気に入り

他のシーンで使用するために、お気に入りの素材、色、環境、テクスチャのコレクションを作成します。

プロシージュアルテクスチャ

布、メッシュ、スクラッチから木材、グラデーション、カモフラージュ、オクルージョンまでの2Dおよび3Dプロシージャルテクスチャ。

断面表示

ダイナミックカットアウェイを使用してデザインの内部動作を公開し、除外するものを設定し、アニメーションを追加します。

パーティクル

テクスチャとVDBサポートを使用して煙や霧などの粒子散乱を追加したり、興味深いマテリアルを作成するために使用したりします。

RealCloth™

現実的な織物材料の作成と視覚化を可能にする、高機能な新しいマテリアル。

トゥーンシェーディング

テクニカルイラスト、特許図面などに適した非写実的なレンダリングを作成します。

インタラクティブ
シーンツリー

ライブ検索、フィルタリング、グループ化機能を備え、すべての部品、ライト、カメラ、アニメーションを1か所にまとめました。

インタラクティブラベリング

独自のマテリアル定義を使用するか、元になるマテリアルのプロパティから選んだオブジェクトにラベルを配置します。

動的テクスチャマッピング

バンプ、カラー、スペキュラ、および不透明度のチャネル全体にテクスチャをマッピングして、究極のリアリズムを実現します。

マテリアルテンプレート

KeyShotへのインポート時に、モデルにマテリアルを自動的に割り当てるテンプレートを予め設定します。

ラウンドエッジ

インポートしたモデルのシャープなエッジを、簡単なスライダー操作で美しく小さな丸いエッジとフィレットに変えます。

パターン

ファイルサイズ、メモリ、または速度に影響を与えることなく、数百または数千の独立したモデルインスタンスを作成します。

画像の調整

トーンマッピング、曲線、色調整、またはレイヤーを使用して複数の画像を作成します。リアルタイムで表示するか、後で調整します。

無制限の解像度

一般的なサイズのプリセットとカスタム解像度の作成により、無制限のリアルタイムおよびレンダリング出力解像度。

カメラ制御

さまざまなモードとコントロールをリアルタイムで適用して実際のカメラの動作をシミュレートし、完璧な画像をキャプチャします。

シフトレンズ

シフトレンズを使用して垂直方向のエッジを調整するか、シングルクリックで自動的に調整します。

ウォークスルーモード

目の高さを設定し、地面/干渉をオンにしてシーンを移動します。

インポート機能

KeyShotは、20種類を超えるネイティブおよびニュートラル3Dファイルタイプの直接インポートを最も幅広くサポートしています。

プラグイン

LiveLinkingを含む多くの3DモデリングソフトウェアとKeyShot間の直接接続。

LiveLinking

KeyShotプラグインを選択することにより、作業を失うことなく、KeyShotでジオメトリの変更を更新できます。

ネットワークレンダリング

(アドオン)コンピューターネットワークを使用して、より短い時間でレンダリングします。
もっと詳しく


プロ機能
KeyShot Pro、Pro Floating、およびEnterpriseに含まれる機能。

スタジオ

カメラ、環境、モデルセット、マテリアルなどの任意の組み合わせを使用して、独自のスタジオをセットアップします。

モデルセット

シーン内のモデルのさまざまなバリエーションを設定して、さまざまなモデル構成を表示したり、カラーバリエーションを作成したりします。

NURBSレンダリング

究極の品質とゼロテッセレーションを実現すべく、KeyShotはNURBSデータのインポートとレンダリングをサポートしています。

ジオメトリエディター

インポートされたモデルのカメラパスの移動とジオメトリ編集を可能にするOpenGLビューポート。

ディスプレースメントマップ

Displaceジオメトリシェーダを使用すると、よりリアルな3Dテクスチャを作成することができます。

泡表現

泡を追加したり設定したりすることで、泡からフィズまであらゆるものを作ることができます。

フレーク

素材の内側やその周りに様々なフレーク(四角いものや球状のもの)を追加してレンダリングを行います。

毳表現

任意の素材の表面からランダムに髪の毛のような表現を追加し、長さ、密度などをコントロールします。

マルチマテリアル

素材のバリエーションを複数作成して、素早く色を比較したり、高度な色表現を作成することができます。

コンフィギュレータ

素材、モデル、カメラのバリエーションを使って、無制限のコンフィギュレーションを作成します。

立体視

VRビューワやHMDで3D空間を見たり、作業したりするための立体視コンテンツを設定します。

画角マッチング

シーン内のオブジェクトを撮影したオブジェクトに合わせることができるインタラクティブな画角マッチングツール。

HDRI エディタ

ライトピン、ブラー、ハイライトなどHDRIライティング作成を行う機能を備えたライティングプリセットとフルHDRIコントロールツール。

太陽 & 空

日付、時刻、位置情報を考慮したインタラクティブな太陽と空の生成、またはHDRIで必要な場所に太陽を配置することができます。

マテリアルグラフ

KeyShotのノードベースのエディタを使用して高機能なマテリアルを作成し、マテリアルやテクスチャをレイヤー化します。またアニメーションにも利用できます。

スクリプティング

Pythonスクリプトコンソールを介して、KeyShotの能力をフルに、より深い機能を活用できます。

リアルタイム領域レンダリング

コンピュータの持つリソースを選択して集中させ、シーンの小さな領域をレンダリングし、リアルタイムで結果を確認します。

レンダーパス

より多くのポスト処理用途に、KeyShotにはクラウン、デプス、ノーマルパスなどのレンダーパス出力機能がサポートされています。

レンダーキュー

準備したシーンをすべて保存し、準備ができたときに一括でレンダリングを行います。

3D エクスポート

シーンをOBJ、FBX、GLTF、またはSTLとしてエクスポートして、他のソフトウェアで使用したり、オンラインで表示したり、3Dプリントで利用したりすることができます。


アニメーション
以下はKeyShot Pro、Pro Floating、Enterpriseに含まれる機能です。

パーツ & カメラ アニメーション

パテント取得済みの、独自のアニメーション技術で、リアルタイムに設定したアニメーションを参照しながら、パーツやカメラアニメーションを作成することができます。

カメラパスアニメーション

既存のビューを選択したり、リアルタイムでパスを動的に作成したりして、カメラパスアニメーションを作成します。

パノラマアニメーション

カメラ自体を回転のピボットとして使用して、ワンクリックで一人称視点の移動アニメーションを作成します。

カーブフェード

カスタムコントロールカーブを使用して、2つの色、色の範囲を変更したり、任意の長さで材料の透明度を変更したりすることができます。

ズームアニメーション

ズームカメラアニメーションでは、カメラの視野をダイナミックに変化させて、よりドラマチックなアニメーションを作ることができます

DOF アニメーション

被写界深度アニメーションでは、カメラのフォーカス距離とF-stopの値を動的に変化させることができます。

Camera スイッチイベント

1つのシーンにカメラスイッチイベントを設定して、複数のカメラアニメーションを素早く切り替えることができます。

モーションブラー

クイック設定でリアルタイムのモーションブラーを作成して、可動パーツを表示する際に究極のリアリズムを実現/表現します。


KeyShotWeb™
KeyShotのすべてのバージョンで利用可能なアドオン
もっと詳しく

インタラクティブなビジュアルコンテンツ

数々のユニークな機能を使って、KeyShotシーンから直接Web用途、タブレント対応ビジュアルコンテンツを作成できます。

360°球体コンテンツ体験

KeyShotWebは、単なるターンテーブルビューではありません。真の球体の360°製品体験コンテンツを作成します。

タッチジェスチャーコントロール

完全なタッチパネル対応を実現しています。、モバイル、タブレット、または大型のタッチスクリーン・ディスプレイで動作します。

KeyShotWeb ウィザード

With six different KeyShotVR types, create turntable, spherical, animated or custom KeyShotVRs step-by-step.

レスポンシブ対応

KeyShotWebコンテンツをウェブサイトに埋め込むと、デスクトップでもモバイルデバイスでも、ブラウザの幅に合わせて正しくサイズが調整されます。

画質の保持

KeyShotWebをズームインすると、画質が維持され、ディテールもきちんと表現されます。

インテリアKeyShotWeb

カメラ本体をピボットセンターにして一人称視点でレンダリングします。

iBooks サポート

AppleのiBooksファイルにタッチ対応のコンテンツを埋め込む高度なウィジェット出力機能を備えています。

必要なレンダリングスピード

KeyShotをダウンロードして、お手持ちの3Dデータからフォトリアルなビジュアルコンテンツを
どのくらいのスピードで作成できるかをご体験ください。