KeyShotベンチマーク

KeyShotを使ったベンチマークテストのデータをLuxionから頂きました。上記のベンチマーク結果なかなか面白いです。ほぼコア数に比例してパフォーマンスがリニアに向上しているのがおわかり頂けるかと思います。静止画を数枚出すぐらいでしたらともかく、解像度が高いものや、複雑なモデル(例えば車など)をレンダリングする場合はやはりそれなりに時間が掛かります。32コアあると(一番右ですが)流石に早いですね。一世代前のCorei7で6分かかっていたものが37秒で終わっています。

因みにですがKeyShot側でレンダリングを早くするコツは色々ありますが

  • レイバウンスをあげすぎない(リアルタイムイウインドウ上で見た目が変わらないところまであげる)
  • グローバルイルミネーション品質は基本で固定

あたりでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.