iRayとコースティクス

AreaというAutodesk社が提供するサイトがあります。主にエンタメ業界向けに情報発信を行っているサイトなのですがなかなか面白い記事もあり筆者=長谷川もよく見ています。日本版の他にアメリカ版もあるのですが(多分その他多くの言語があるのだと予想されます)、アメリカのフォーラムに面白い記事がありました。“iRay renderer not supporting caustics “というタイトルです。フォーラム風のスレッドなのですが、iRayのコースティクス表現に関するものです。多くの人がMentalRay、iRay両方を使ってレンダリングしたその結果も一緒に載せており興味深い内容です。かなり長いので結論(めいたものとこの場合お考えください。)をこちらでまとめてみました。

  • iRayはパストレーシングを使ってコースティクスを表現しようとしている。その手法はBDPT=bidirectional path tracingといわれるアルゴリズムで光線をカメラ、光源両方からトレースして真ん中で繋ぐという複雑なものである。
  • ただこの手法では制限があり、コースティクス内のリフレクションは表現できない。(文中でreflection of caustics またはdeep causticsと呼ばれているものです)表現しようとするとこの手法ではfirefliesというノイズが飛んでうまくいかない。
  • 上記の制限を具体的にいうと光源が小さい、オブジェクトが複雑な場合にうまくいかない。
  • 基本的にはコースティクスを表現するにはフォトンマッピングが未だ一番優れている。この手法もCPUベースでないと現状難しい。
  • 一緒に比較したMentalRay(こちらはCPUベースです)では全てうまく出来ている。

下の写真を見て頂くとよくわかるとお思います。上がMentalRayでレンダリングしたもの下がiRayでレンダリングしたものです。ここでいうとティーポットの影の中に表現されている真ん中の明るい部分がコースティクス内のリフレクションにあたります。こうしてみるとわかりやすいですね。MentalRayはご存じの通りいわばデファクトのそして100%CPUベースのレンダリングエンジンです。iRayと同じMental Images社(NVidiaに買収された会社)の製品です

こちらがMentalRayでレンダリングしたもの

こちらがiRayでレンダリングしたもの。

皆様ととやりとりをしていてよくCPUとGPUベースどちらがいいか?Biased vs Unbiasedどちらが良いか?みたいな話になります。この手の論議はマーケティングトークでして実はあまり実態がなく正直深く考察する必要はありません。また最近KeyShotより○×のほうが綺麗だ(あえて製品名は避けますがiRayを使用した製品です)みたいな話をビジネスパートナーからされたことがありまして、ここに書いたような内容を踏まえて割合きちんと議論しました。こちらの印象としてはマーケティングトークをただ鵜呑みにしていた感があったのですが、こういう場合はきちんとテストして製品の機能や特徴を見極めるのが重要ではないかと考えております。○×が良いとか悪いとか印象論だけで語っても意味がありません。大抵は一種の宗教論争に陥って結論が出ないと思われます。また特定の製品を批判することが本稿の目的ではないことを改めて念押ししておきたいと思います。

iRay renderer not supporting caustics

iRay caustics issues

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.