宝石マテリアルの作成

本家のブログにちょっと面白いエントリーがありましたので紹介致します。宝石マテリアルの作成方法です。正確にはこちらのブログからの引用ですね。あちらの(南アフリカのようですが)宝飾デザイナーの方が書かれているようです。(JewelCAMHeinrich Bothaという方ですね。KeyShotを使って色々レンダリングをやられています。)。宝石の場合IOR(反射率、屈折率が重要になります。あとはアッベ数という、色分散を表す数値も宝石マテリアルでは使われています。これに付随して各宝石色情報をRGBに置き換えたチャートを用意して頂いているようです。これを使ってマテリアル作成時に正確な値を入れましょう、という趣旨のようです。

下の画像がそのサンプルになります。

あと、IORですがGoogleで検索すれば沢山出てきます。代表的な石だけ下に挙げておきます。参考にされると良いと思います。

ダイヤモンド                                    2.419
ガーネット                                    1.70~1.89
ルビー、サファイア                            1.76~1.77
スピネル                                    1.717
ペリドット                                    1.65~1.69
ひすい                                            平均1.66
トパーズ                                    1.62~1.63
トルマリン                                    1.62
エメラルド                                    1.57~1.58
水晶                                            1.54~1.55
オパール                                    1.42~1.47
クリソベリル                                   1.74~1.76
タンザナイト                                   1.692~1.701
ネフライト                                     1.60~1.63
アクアマリン                  1.54~1.55
クォーツ                    1.52~1.53
フローライト                  1.434
タイガーズアイ                 1.544
ジルコン                    1.8~1.96
ターコイズ                   1.61

チャートはこちらからダウンロード可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.