KeyShot 3 ウェビナー

昨晩(正確には今朝ですが)KeyShot 3ウェビナーに参加しました。実は昨晩Appleの発表があったのでそれを見たかった、というのが理由でもありますがw。KeyShot 3の新しい機能を順を追って説明してもらったのですが、結論として非常に素晴らしい製品になっているようです。以下個人的に気づいた点を述べてみます。

画像はこちらのMacをデジカメで撮影したものです。見苦しい点ご勘弁ください。

  • インターフェース 旧バージョンから大幅に機能を増やしながらも使いやすさはそのまま引き継がれているようです。結構変わった部分もあるのですが、直感的にやりたいことを(なんとなく勘でできるところも)そのままのようです。
  • マテリアルライブラリー エクスプローラー上でマテリアルフォルダーを作成するとそのままKeyShotに反映されたりとか、なかなか便利になっています。インターフェースの部分大きく変わりましたけど違和感無く使えると思います。
  • テクスチャー この辺はよくなりましたね。初代HyperShotと比べると隔世の感があります。ダイナミックにテクスチャーを操作する機能、穴を表現する機能(今までもアルファチャンネル使えば出来ましたが)などです。またマテリアルをエクスポートするとテクスチャーもパスだけはなく、圧縮されて同一ファイル内に格納される、とか地味ながら便利な機能が追加されました。
  • アニメーション 基本はものを動かす、回す、とカメラの操作になるのですが、違和感なく1つのインターフェース上によくまとまっていると思います。(詳しいワークフローは前回のこのエントリーをご覧ください)Easein, Easeoutなど最小限の補間機能もついてます。タイムラインのUIもわかりやすくて良いのではないでしょうか。話によると.fbx経由でMayaやMaxからファイルが渡るようになるらしいので複雑なものはそういった外部ツールで作ったほうがいいですね。

まとめですが今までの使いやすさ、扱いやすさを保持しながら既存の機能の拡張、アニメーションなど新しい機能の追加、を上手く行っていると感じました。素晴らしい製品になっていると思います。実は正確なリリース日は教えてもらえなかったのですが、今から楽しみです。

マテリアルライブラリーはこのように左側に来ます。下側にボタンは4つは同じですがバックプレートがなくなりかわりにアニメーションが追加されています。

Trancparency Material 穴あきマテリアルの表現です。

アニメーションの出力パラメータです。詳細な設定も可能です。

これがタイムラインですね。ドラッグして移動したり長さを変えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.