SketchUp プラグイン修正版

以前のエントリーでSketchUpプラグインにエラーが出るとお伝えしましたが、その修正版が公開されていました。

こちらでダウンロードして試してみた所、作動しましたので公開します。こちらの環境ですがWin 7 64bitです。

プラグインをダウンロードしてインストールします。次にSketchUpを立ち上げるとKeyShotのアイコンが画面内に表示されます。

次にスケッチアップ内でモデルを作り

アイコンをクリックするとKeyShotが起動して無事にモデルが渡りました。

で、確認してみると前回はどうやら32bitのVisual C++ Redistributable(マイクロソフト系のコンパイラーで作られたソフトを動かすためのランタイムライブラリーですね)を64bit版のほうにも突っ込んでいたためエラーが出ていたようです。(弊社だけではなくあちらのフォーラム、SketchUp掲示板でも多数報告されておりました)これでは動くはずはありません。なんともお粗末な話ですが解決して良かったです。ま、ですが正直KeyShotで建築系のお客さん弊社にはほとんどおりません。建築ならV-Ray等他のレンダラーでやることをおすすめします。あと、コースティクスを捨てるならGPU系のほうが(V-Rayもその機能持っていましたね)良いと思います。建築はとにかく時間掛かりますので。

ダウンロードはこちらからお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.