クリアコートの表現

トップコートの光沢やクリアーコートはレンダリングソフトを扱っていてよく聞かれる質問です。KeyShotは以下の要領で擬似的に表現することが可能です。2.1からのラベルにスペキュラーを設定できる機能を利用したものです。

  • 白色、半透明の画像をラベルとして使います。(当然ラベルとしては見えませんw)
  • 白にスペキュラーを振って、充分な光沢が出るまでIORを上げます。
  • テクスチャーは”repeat”に設定、boxmappingを使用して全体に反映されるようにします。
  • defuseは白色ですので(これが光沢を発生します)必要に応じてintensityを下げて白色部分を見えなくします。

これ面白いですね。トリックなのですが結果は上々です。こういった表現を簡単に設定できるのもKeyShotの特徴です。神はディテールに宿るではないですがリアリティがぐっと増します。

使用するテクスチャーはこちらからダウンロード御願いします。

下記の指輪.bipファイルはこちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.