新しいビデオ、サブサーフェススキャッタリング-KeyShot 2.1での新機能

前回のエントリーでもご紹介したようにサブサーフェススキャッタリングとは光が透明/半透明なオブジェクトを通過した際に拡散する様を表現する手法です。これを詳しく説明したビデオがYouTubeにアップされています。



この場合、スキャンした人の顔を使って説明していますが、耳の後当たりの光の透過具合によって非常にリアリズムが増している様がご覧頂けるでしょう。この表現、他の多くの製品にも応用が利きます。例えば
  • リモコンボタンのゴム(中でライトが光るもの)
  • 車のヘッドライト

などです。日常数多く使われている工業製品にも利用できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.