KeyShot 2、KeyShot 3とテクスチャー、ガンマ設定

このエントリーに関連して質問がありました。その内容ですが、KeyShot2で作成したファイルをKeyShot3で読み込んでレンダリングすると見栄え、質感が異なる、というものでした。特にテクスチャー、ラベル周りが暗くなる、という現象です。これに対して以下考察を加えたいと思います。

  • KeyShot2とKeyShot3のマテリアルは同じものです。(スペキュラーマップ、オパシティマップなど拡張された機能は当然異なりますがそれ以外は同じです)
  • KeyShot3ではデフォルトのガンマ設定が異なるのでレンダリング結果も違ったものになります。(デフォルトガンマ値が変更された理由は後で述べます)
  • ガンマ値が高い、一方でマテリアルやライトが同じものだとすると当然レンダリング結果は平板なもの(コントラストが弱いもの)となります。

これを変更するには

  • ガンマ値を下げる(言い換えればKeyShot2の設定に戻す/近くする)。
  • マテリアルを弄る(テクスチャに関わることなのでテクスチャのコントラストや明るさを変更する)。
  • 同じ理由で環境タブ内のコントラストを変更する。

となります。「同じファイルなのに結果が違うのは何故?」という素朴な疑問ではありますが上記の設定を変更して修正してください。

デフォルトのガンマ値が変更された理由ですが

  • 元々デフォルトのガンマ値では出来上がったものが暗かった。
  • ガンマ値を2に上げることにより、モニター特性が非リニアであることを相殺できるのと、通常モニター自体のガンマは2.2なのでその値に近づく。つまり表現としては自然なものになる。

の2点があげられます。狙いとしてはレンダリングイメージの質感を上げるためのことがわかります。ですので修正方法としてはガンマを下げることもOKなのですができればマテリアルや環境を変更したほうが望ましいことになります。(KeyShot 3ではテクスチャ内のコントラストも表現されますので)

さて、ちょっと原理的な話になりますが、KeyShotはビューボート内で全ての色情報を32bitとして扱っています。大抵のテクスチャーは8bitですので読み込んでもそもそも合うはずがありません。方法論としては、理想は全てのテクスチャーが.exrや.tifなどの32bitであること(これであれば色情報は統一されます)、そうでない場合は(現実世界ではほとんどそうです)KeyShot内でテクスチャーを弄るか、Photoshop内で行うこととなります。多少ややこしい話ではありますがテクスチャを貼り付けた場合、色や輝度があわないのは当たり前である、ということをご理解頂けたらと思います。下記あちらのフォーラムで見つけた画像です。左がKeyShot 2で作ったもの、右がKeyShot 3で作ったもの、違いがおわかり頂けますでしょうか。

 

KeyShotアップデート ビルド2.2.45のリリース

新しいビルド2.2.45がリリースされました。今回は以下の点が追加/修正されています。

  • Rhino5ファイルのサポート
  • インストーラの修正
  • フローティングライセンスのボロー機能
2.2.44での修正点、追加機能
  • インポートしたジオメトリーにラベルを追加する際の不具合修正
  • ぼけたテクスチャーを使用する際の不具合修正
  • レンダーキューを使用する際、同じ名前で出力してしまう不具合修正
  • ネィティブスタイルのGUIをデフォルトに(後から変更可能)
  • アドバンスモードでの high quality texture フィルタリングの機能追加
  • インポートした.objファイルに対して前回の軸設定を適用
KeyShot2.2をお使いの方はHelp > Check for Updateをクリックしてください。(メールでもお送りしています)

デモ版はこちらから御願いします。既にKeyshot 2をお使いのお客様にはマテリアルライブラリーをそのまま引き継ぐ、アップデート版が用意されています。

KeyShot アップデート ビルド2.0.46のリリース

新しいビルド2.0.46のリリースです。今回は曇ったガラスの表現、光る、荒い素材を使用する際の環境マップ、リフレクション等の表現が大きく進歩しています。またいくつかのバグの修正も行っています。レンダリングスピード自体も向上しています。KeyShot 2 ユーザーはダウンロードしてそのままお使い頂けます。ダウンロードはこちらよりお願いします。
下記が新機能と改善点のリストになります。フローティングライセンスユーザーの場合はsupport@helix.co.jpまでご連絡下さい。