KeyShot CAD版期間限定セールのお知らせ

KeyShot CAD版とは?
KeyShot CAD版は各3DCAD製品とバンドル販売されている製品です。以下の製品をお持ちの方はKeyShot Proにアップグレード可能です。

  • KeyShot for ArtCAM
  • KeyShot for Geomagic Design(旧 Alibre Design)
  • KeyShot for IronCAD
  • KeyShot for PowerShape
  • KeyShot for ShoeMaker
  • KeyShot for Solid Edge
  • KeyShot for SpaceClaim
  • KeyShot for ZW3D

現在同アップグレードの期間限定セールを開催中です。
12/31にまでお買い上げ頂くと定価¥180,000が20%オフの¥144,000でお買い求め頂けます。
お買い求めはこちらからお願いします。

バンドル版は基本的に読込はネイティブフォーマットのみ出力解像度も制限されている場合が多いです。KeyShotをもっと幅広く活用しようと考えている場合、これを機会にご利用頂ければと思います。

KeyShot期間限定セールのお知らせ

毎年恒例KeyShot期間限定セールを行います。(未だサイトの準備も終わっていませんが(汗)こちらは予定通り行います。

期間中(11/2 10:00 ~12/5 12:00) 全てのKeyShot製品が20%オフ!

  • KeyShot        ¥120,000 → ¥96,000
  • KeyShot Pro     ¥240,000 → ¥192,000
  • KeyShot Pro FL  ¥360,000 → ¥288,000
  • KeyShot  Enterprise ¥480,000 → ¥384,000

オプションモジュールも20%オフ!となります。

  • KeyShotVR       ¥120,000 → ¥96,000
  • ネットワークレンダリングモジュールも20%オフとなります。

この機会に是非お求めください。
ご利用はショップからお願いします。

※サブスクリプションとアカデミックライセンスは除きます。

※今回はアップグレード製品は含まれません。新規購入のみのセールとなります。

KeyShot 6に関して

まもなくリリースされるKeyShot 6ですが製品構成、価格等、いくつか変更があります。わかっている範囲でお伝えします。

KeyShot HD NL
  • レンダリング解像度が無制限に
  • アニメーションの追加が不可能に
  • 価格の変更はありません。¥120,000

 

KeyShot Pro NL

  • アニメーションが標準機能として追加
  • 価格の変更はありません。¥240,000
  • Price: $1,995 (no change)

KeyShot Pro フローティング

価格の変更はありません。¥360,000

KeyShotVR アドオン

  • 引き続きオプションモジュールとして全KeyShotに追加可能です
  • 価格の変更はありません。¥120,000

 

KeyShotアニメーションモジュール

  • アドオンとしては追加不可能になります。
  • アニメーションを既にお持ちの場合そのままKeyShot 6でも使用できます。
  • 新規購入でアニメーションが必要な場合はKeyShot 6 Proが必要になります。

 

アニメーションの追加は以下のように行われます。

  • KeyShot 6 HD→KeyShot 6 Pro アップグレード費用¥132,000となります。
  • KeyShot 5 HD+アニメーション+サブスクリプション 引き続きアニメーションの使用が可能なライセンスコードが付与されます。
  • KeyShot 5 HD+アニメーション(サブスクリプション未加入)アップグレード費用¥48,000で引き続きアニメーションが使用可能です。

KeyShot 3に関して

  • KeyShot 6がリリースされると同時にKeyShot 3からのアップグレードが不可能となります。アップグレードには新規に購入する必要があります。
  • KeyShot 4,5のユーザーは引き続きアップグレードが可能です。
    ※KeyShot 3, 4ユーザーがKeyShot 5にアップグレードするとKeyShot 6に無償でアップグレードされます。

KeyShot CADエディション(Solid Edge, DelCAM, Geomagic, ZBrushなどにバンドルされているKeyShot)ユーザーは引き続き¥180,000でKeyShot Proにアップグレード可能です。

繰り返しになりますがKeyShot 3ユーザーはお早めにアップグレードをお願いします。

KeyShotギャラリー1-Wilson

このギャラリーには5枚の写真が含まれています。

実は先月KeyShot開発元であるLuxion社にお邪魔してきました。その時にマーケティングマテリアル等色々もらってきたのですがイメージ、VRコンテンツ等なかなか面白いものがあり(それと実はカテゴリーごとに分類されていな […]

KeyShotアップデート ビルド5.3.60のリリース

KeyShot 6のリリースが近づいていますがKeyShot 5も最後のアップデートが行われました。下記がその内容となります。

  • SolidWorks 2015 SP3のサポート
  • Autodesk Alias 2016のサポート
  • Autodesk Maya 2016のサポート
  • その他バグフィックス

SolidWorksファイルに関してはファイル>開く>インポートからベータインポートオプションを使用してモデルを直接インポート出来ます。それ以外にはAutodesk Alias 2016(*.wire)、Autodesk Maya 2016(*.ma、*.mb)ファイルフォーマットもサポートされました。

 

KeyShot6プレビュー1

KeyShot6のプレビュー動画がアップされたようなのでこちらにも貼っておきます。

YouTube Preview Image
ここで取り上げられた機能ですが

  • インテリアライティングモード
  • ラベルへのマテリアル
  • マテリアルグラフ
  • マテリアルアニメーション
  • ジオメトリー分割
  • リアルタイム領域レンダリング
  • パノラマカメラアニメーション
  • シフトレンズ(あおり)

となります。どれもとても有益な新機能に思えます。只今KS5をお買い上げ頂くとKS6への無料アップグレードが付属します。

 

 

使いこなしテクニック:曇ったプラスチックの設定

以前にも取り上げたトピックですが問い合わせも多いので再度掲載します。曇った質感を持つプラスチックはこの手の素材は世の中で広く使われていることもあり覚えておくと有益なテクニックです。詳細は動画を見て頂くとして(とはいえ英語ですので)ポイントを記しておきます。

  • はじめに詳細な陰影、詳細な間接照明、地表面の間接照明にチェックを入れる(つまりそれなりに重い設定になります)
  • アドバンスマテリアルを使う
  • スペキュラーの透明度を100%に設定する。(この設定でマテリアルの透明度が決定されます)
  • スペキュラーを設定する(黒に近づけるとハイライトが黒くなります)。この場合も白に近い色に設定します。
  • ディフューズを設定する(黒に近づけるとガラスの質感になります。プラスチックの場合はこれを白側に振っていきます)
  • 粗さの透明度を徐々にあげていきます。(これによりプラスチックの曇った質感が付与されます)、このパラメータにより色をつける場合は最初にディフューズで任意の色を選んだあと、それと似た色(但しディフューズより明るい質感で)スペキュラーを設定します。
YouTube Preview Image

こちらでもサンプルを作ってみました。

KeyShotマテリアル解説:メタル

オリジナル記事はこちらになります。

磨かれたまたはざらざらの表面の金属を作るのに使用するマテリアルです。簡略化されたUI上で色と粗さを設定すれば完成です。

金色、銀色その他あらゆる金属の色設定を行います。

粗さ

粗さの設定を行います。数値を上げるとより表面がざらざらした仕上げに、ゼロにすると逆に磨かれた質感が表現されます。スライダーは0.5まで移動更しますが数値を入力することによりそれより大きな数値も入力可能です。