KeyShotでのテクスチャ操作。バンプ、カラー、スペキュラー、オパシティマップの作成

本家のブログにテクスチャに関する記事があったのでこちらにも紹介します。当ブログではあまり触れていなかったように記憶してますがトレーニングなどでは質問の多い項目です。ご存じの通りCGはテクスチャの表現が上手だとぐんとリアリズムが増します。テクスチャの操作も(他のKeyShotのオペレーション同様)特に難しいことはありません。基本を理解すると色々と応用が効くと思います。以下拙訳です。

KeyShotには100以上のテクスチャーが付属しています。木材、金属、その他多くのマテリアルが揃っています。但し世の中全ての素材をカバーすることは到底不可能です。自分で作る場合どうするか、Photoshopを用いての手法を簡単に紹介します。

バンプ、カラー、スペキュラー、オパシティマップとは?

簡単にいうと以下のようになります。

バンプマップ – 白黒の画像を用いて高低を(つまり凸凹を)表現します。
カラーマップ – マテリアルの色を表現(つまり置き換え)ます。
スペキュラー(反射)マップ – 白黒の画像を用いてリフレクションの強い部分、弱い部分を表現します。
オパシティ(不透明)マップ – 白黒の画像を用いて透明の部分と不透明の部分を表現します。

各マップの作成方法

いろいろな方法がありますがここではPhotoshopを使って上記4つのテクスチャーを作成します。(Photoshopの基礎知識があるものと仮定します)

ステップ1:Photoshopでテクスチャーの作成

1200 x 1200ピクセルのイメージを作成します。新しいレイヤーを追加してブラシツールを選択します。任意のブラシ、テクスチャーに加える色を選択します。brusheezy.comにはその他色々なブラシがあります。ウインドウ>ブラシ>ブラシからも調整が可能です。今回は下記のようなイメージを作成しました。

ステップ2:カラーマップの作成。

ペイントされていない部分(白い部分)を透明にしたい場合、バックグラウンドレイヤーを隠して.PNGフォーマットで保存します。この場合、マテリアルのディフューズ色が(テクスチャーが透明な為)そのまま表示されます。下記のようになります。

 

ステップ3:スペキュラーマップの作成

色をつけたレイヤーをダブルクリックしてレイヤースタイルを表示します。カラーオーバーレイをを選択して黒を選択します。.PNG形式で保存します。ご存じのように.PNG形式は透明な部分を保持します(アルファチャンネルを持っているので)。黒い部分は0%のリフレクション、白いエリアは100%のリフレクションとなります。下記のようになります

 

ステップ4:バンプマップの作成

背景レイヤーを表示して保存します。黒い部分が低く、白い部分が高く表現されます。ブラーを追加すると(フィルター>ぼかし>ぼかし(ガウス))高低差がよりスムースに表現されます。下記のようになります。

 

ステップ5:オパシティマップの作成

レイヤー>画像を統合、を選択、イメージ>色調補正>階調の反転を選択。KeyShot内では透明マップのパラメータがいくつかあります。但し、基本的にはこの設定で黒いエリアは完全に透明、白いエリアは完全に不透明となります。つまりペイントした部分は目に見えるエリアとなります。下記のように表示されます。

 

通常、透明マップはメッシュやワイヤーのように(つまり穴が空いた部分があるマテリアル)を表現するのに用いられますが錆びたもの、壊れたパーツにも効果的です。カラーマップを使って色の追加やグラディエーション、木目、ペイント自体の表現も行えます。

このように全てのマップを一度に作成するとスケールや配置が同じですのでその部分の調整が要らず便利です。

下記のイメージは異なるディフューズカラー、ディフューズマップを使用したものです。

おわりに

KeyShotは3.1になってかなりテクスチャー周りの機能が充実してきました。HyperShotの最初のバージョンは確かテクスチャーが扱えなかった(と記憶しています)ので、それから考えると着実に進歩しているといえます。