Creo プラグイン

下記、ビデオCreoからのファイルをプラグインでKeyShotに渡して、レンダリング、アニメーション付けを行ったもののようです。中々綺麗ですね。

KeyShot アニメーション by abed sabeh

本家のサイトにも何回か告知されていますが、あちらでは現在レンダリングコンテストを行っています。そこに応募された作品の一つらしいのですが、Abed SabehというCGアーティストの方の作品です。確かBunkspeed、HyperShot時代からユーザであった方だと記憶しています。下記がその作品なのですが見てみますと

YouTube Preview Image
  • 尺が結構長い上にHD解像度ですのでこれはかなりパワフルな環境でレンダリングを行っている
  • コンテストの条件はポスト処理OKなのでAE等でエフェクトをかなり加えている。リストバンドがてかる部分などなど
  • アニメーションはおそらくMayaなりでつけて.fbxで持ってきている(アニメーションパスを書かないと無理っぽい)

なのが気付いた点なのですが、綺麗に出来てます。個人的な感想というと、やや下世話な話になってしまうのですが、正直レンダリングコンテストとか実案件ではないものにこれだけ労力を割ける余裕がむしろ羨ましいな、と感じましたw。音まで入れてしまっております。探してみるとAbed Sabeh氏のサイトもありました。Maxwellも使われているようですがなかなか面白いです。

 

 

 

 

 

 

 

KeyShot 3.1 – アニメーションのミラーとコピー

KeyShot 3.0から新たに実装されたアニメーションモジュールは非常シンプルで使いやすいものでした。カメラやオブジェクトに設定するシンプルなタイムラインを用いており、キーフレームやパスの設定は必要ありません。KeyShot 3.1ではこれに新たな機能が加わりました。

アニメーションのミラーとコピー

単数/複数のアニメーション、フォルダーで整理されたアニメーションに対してミラー、複製を行います。これは今までのようにシーンツリー上では行わず、下記の画像のようにタイムライン上で右クリックをしてアニメーションを選択して行います。アニメーション自体はリンクされないので他のアニメーションに影響を与えること無く修正を行えます。試してみた所、例えばパーツの分解などを行う場合非常に便利ですね。ミラーを選択すればExplodeビューで拡がったパーツを元に戻せます。また一つのパーツに対してアニメーションを作った後それをいっぺんに反映して、その後個々のパーツ毎に微調整、といった手順で行えます。

アニメーションの最中でもマテリアルを適用したりカメラを調整することもできます。また上記のミラーとコピーも同様にアニメーションを再生しながら設定出来ます。

KeyShot アニメーション – タオル掛け

ネットワークレンダリングのテストも兼ねてささっと数秒で作ってみました。出来はともかく(パーツが突き抜けてますw)、現状、製品開発やプレゼン用途ではあまり使われていないようですが、KeyShotの場合操作が簡単ですので、この用途で今後もっと使われていくようになるでしょう。やっぱりパーツをばらしたりや、違う角度から見られるのは魅力です。ハードさえあればネットワークレンダリングで処理も行えます。

YouTube Preview Image

時計のアニメーション

Luxionで作成した時計のアニメーションです。

KeyShotはカメラパスを描いたりという機能はないのでカメラの移動はズーム、ティルト、回転といった基本的な動きに限られるのですがこれで充分かもしれません。ゲームやCM作るわけではないので。にしてもよくできています。各パーツが綺麗ですね。

サブサーフェス・スキャタリング

以前こちらのエントリーでもご紹介しましたが、KeyShotのマテリアルにはサブサーフェススキャタリング機能を持つものがあります。これは光がモデル表面を通過して内部で拡散、その後またこちらに戻ってきて目に触れる様のことですが、代表的なものは人間の肌になります。人間の肌は半透明なので光を吸収します。この技術当然のことながら人間をリアルに表現するには不可欠ですがかつては不可能とされていたことでした。現在は映画などで幅広く使われております。(因みにGPUを使うレンダラーではこのような表現は現状不可能です。論文レベルでは可能とされているのですがきちんと表現されているものは見たことがありません)

KeyShotの場合予め用意されているマテリアルをアサインすると簡単にリアルタイムに質感を再現します。こちらでも試してみました。下がその画像とムービーです。(ライティングイマイチなのはご勘弁をorz)

 

YouTube Preview Image

サブサーフェス・スキャタリング-Wikipedia

リングアニメーション

あちらのサイトで公開されていたものです、アニメーションというよりとにかくライティングが上手いですよねぇ。AEで弄っているのですかねぇ、ちょっとわかりませんが。

YouTube Preview Image

アニメーションのコピー

前回のエントリーの続きになりますが、KeyShotではモデルをコピーするとそこにぶら下がっているアニメーションも同様にコピーされます。これはなかなか便利な機能です。下の動画ではコピーした後、モデルを移動、マテリアルを変更しています。タイムライン上でおのおののアニメーションをずらして配置すれば連続して再生されます。

 

YouTube Preview Image

 

 

KeyShot 3がリリースされました!

既に本家のブログにも掲載されている通り、KeyShot 3がリリースされました。キーフレームを用いないアニメーション機能を中心に3Dビジュアライゼーションの可能性自体を大きく前進させる、(そういう意味では極めて意義の高い)メジャーアップデートとなりました。ここではその辺りをもう少し詳しく説明してみます。

 

 

 

KeyShot3:アニメーションシステム

KeyShot内で同サスウルユニークなアニメーションシステムです。自分で試した限りではほぼ違和感なくすぐに使用できます。キーフレームを使うのではなくオブジェクトやカメラを直接動かすユニークな仕組みを用いています(transform offset methodと彼らは呼んでいます。現在パテント申請中だそうです)。アニメーション自体を自由に結合、コピー、リンクできます。アニメーションの最中にマテリアルや環境、オブジェクトの配置を変えたり、と非常に柔軟なシステムです。

以下が主な機能です。

  • 1つのアプリケーションと環境:アニメーション機能はKeyShot の動作環境の中に完全に組み込まれています。
  • リアルタイムレイトレーシング環境でのアニメーション:スチールイメージ作成時と同様にリアル
  • タイムレイトレーシング環境内でアニメーションの設定、編集、プレイバックを行います。
  • リアルタイムインタラクション:アニメーションプレイバック時にカメラ、ライト、マテリアル等の操作が可能です。
  • アニメーションウィザード:初めてのユーザに1 ステップずつわかりやすく手法を明示します。
  • コピーとペースト: アニメーションはオブジェクト間でコピー、リンクが可能。
  • ヘルパーオブジェクト:パーツやアセンブリファイルを選択すると回転軸中央として認識します。
  • カメラアニメーション:軌道、傾斜、ズーム、移動
  • パーツとオブジェクトアニメーション:ターンテーブル、回転、移動
  • プレビュー出力:AVI, MPEG
  • 高解像度出力:AVI、MPEG、Flash、アルファチャンネルを含む連番

 

Realtime animation inside KeyShot 3 – geometry courtesy of João Carlos Florencio

 

KeyShot3:新しいユーザーインターフェース

ユーザーインターフェースも一新されました。(ただ、個人的には使用感が著しく変わっていないのに好感が持てました。この手のプログラムではバージョンアップすると「あの機能はどこに行ったんだ?」と戸惑うことが良くありましたが、そういうことはありませんでした)ツールバーはDockインターフェースを採用しており横や上部に配置可能です。ライブラリーはフォルダー上の操作が可能で、例えばマテリアルの移動、インポート、エクスポートなどを自由に行えます。マテリアルエディターもより直感的になりました。

  • メインツールバーの変更:新しいメインツールバーは6 つの機能から構成されています。インポート、ライブラリ、プロジェクト、アニメーション、スクリーンショット、レンダリング
  • ドック形式のメインツールバー:メインツールバーの移動が可能になりました。画面下、横、フローティング、アイコンの小、中、大の変更、テキストの表示/非表示の設定。
  • Bip ファイルプレビュー:KeyShot 3 で保存されたシーンは全てプレビュー可能です。
  • ダイアログの変更:プロジェクトウインドウ内のダイアログボックス(オプションダイアログと呼ばれていたもの)がよりロジカルなわかりやすい表示形式に。
  • 環境とバックプレートタブの統合:環境タブとバックプレートタブが統合され1 つになりました。また3 つのモードを切り替えることにより環境、背景色、バックプレートの操作がより使いやすくなりました。
  • 上書き防止機能:既存のリソースフォルダーに新しいコンテンツを追加する場合、KeyShot は警告ウインドウを表示します。
  • In-project material library:in-project material libraryはシーン上で実際に今使用されているマテリアルを表示します。
  • マテリアルのリンク:in-project material libraryからマテリアルを適用するとこのマテリアルを使っている他のオブジェクト全ても自動的に変更されます。リンクの解除は右クリックから行います。
  • エディター上でのプレビュー:シーン上に加えてマテリアルエディター内でマテリアルのプレビューが表示されます。
  • マテリアルの移動:グループ間でマテリアルを簡単に移動します。
  • マテリアルのエクスポート:マテリアルの共有をより簡単に行います。マテリアルグループ全体をエクスポートします。この機能は将来のアップデート拡張される予定です。
  • マテリアルのインポート:より簡潔にマテリアルのインポートを行います。既存のグループに追加可能です。

 


Realtime animation inside KeyShot 3 – geometry courtesy of João Carlos Florencio

 

KeyShot 3:新しいマテリアルと環境

  • 新マテリアル:種類、質感、色などで分類された新しい400 ものマテリアル群
  • 新マテリアル(追加分):1,000以上のマテリアルがダウンロード可能です。
  • KeyShot2 のマテリアルは全てKeyShot 3 で動作します。
  • 20 のスタジオライティング環境、最適なものを選択してください。
  • バックプレートとカメラ設定を含む新しいオフィスシーン

 

インポータの機能拡張

合計で19ものファイルフォーマットをサポートしています。全てのフォーマットはWin/Mac両プラットフォームでサポートされています。これによりKeyShot は主なCAD アプリケーションを両フォーマットでサポートしている最初のアプリケーションとなりました。新しく追加されたフォーマットは以下になります。

  • NX8:NX8 とそれ以前のバージョン。テセレーション設定が可能です。
  • Parasolid:ネイティブパラソリッドフォーマットのサポート。テセレーション設定が可能です。
  • SolidWorks 2012:SolidWorks2012 とそれ以前のバージョン。32/64bit両フォーマットをサポートしています。今バージョンからテセレーション設定が可能になりました。
  • Autodesk Inventor 2012:Autodesk Inventor 2012 とそれ以前のバージョン
  • SolidEdge:SolidEdge ST4 とそれ以前のバージョン。テセレーション設定が可能です。
  • FBX:パートアニメーションのインポートを新たにサポートしました。

価格は変わらずノーマル版\120,000、プロ版\240,000、プロ、フローティング版\360,000
となります。アニメーションはオプションで\60,000円、KeyShot 2からのアップグレードは定価の40%となっております。無償バージョンアップをご利用のお客様(サブスクリプションご加入の方、6/1以降にお買い求め頂いた方)にはメールでこちらからご連絡差し上げます。なお、フローティング版に関しては未だリリースされておりません。リリースされ次第フローティング版をご使用のお客様にはご連絡致します。

デモ版はこちらからダウンロードお願いします。なお全ての新機能をご覧になりたい方は下記のドキュメントをご参照ください。

KeyShot 3の新機能.pdf