KeyShotネットワークレンダリングとは?

KeyShotネットワークレンダリングシステムは画像やアニメーションをレンダリングするのに複数台のPCをフルに活用します。簡単なインストールを終えるとすぐに全てのユーザがネットワークに"ジョブ"を送ってレンダリングすることができるようになります。ジョブはキューとして管理され全てのユーザが参照可能です。ジョブはKeyShot内のキューからも転送されレンダリングされます。

仕組み

ネットワークレンダリングシステムは、マスター、スレーブ、キューという3つの要素から構成されています。マスターシステムはネットワークレンダリングをコントロールします。スレーブはジョブごとに実際のレンダリングを行います。キュープログラムはネットワークレンダリングシステムに転送されるジョブを表示します。ジョブが送られるとキューは終了するかネットワークから切断されます。

コア数が増えるほどそれに比例してイメージやアニメーション、KeyShotVRコンテンツをより早くレンダリングします。

ユーザーマネージメント

組織内のユーザー全てに役割や手法に応じてユーザー特権を付与します。追加、削除、パスワードやユーザー特権の変更をユーザーマネージメントシステムのウインドウから簡単に行えます。

スレーブマネージメント

特定の日時設定などスレーブコンピュータの設定を行います。スレーブ毎の使用コア数を設定するとすぐに表示されKeyShotがインストールされていないコンピュータのリソースを有効活用します。

必要なコア数は?

32コアで比較的小さなレンダリングプロセスを実行する場合、256コアで最大限のレンダリングスピードを実現する場合、どのようなケースでもKeyShotネットワークレンダリングは必要な設定、スケーラブルなオプションを備えており、画像やアニメーションのレンダリング時間短縮を実現します。

KeyShotネットワークレンダリングシステムの機能

  • マスター/スレーブシステム - KeyShotから独立して動作、スレーブシステム上にKeyShotがインストールされている必要はありません。
  • 簡単にインストールと登録を行えます。 - 画面表示に従って設定
  • ネットワークキュー上からアップデートビルドをインストール
  • ネットワークレンダーキュー - ネットワーク上の誰でもジョブをキューに送信可能。転送された順にジョブは実行されます。
  • ユーザーシステム - キューにあるジョブをユーザー側から設定
  • ネットワーク上でパケットを送信してマスターを検索、スレーブを接続
  • キューがレンダリング中のフレーム、ジョブの残り時間を表示
  • キュー上でジョブが優先化
  • (物理的/仮想的)どちらでも無制限のスレーブ、コア数をサポート
  • スレーブトレーによりネットワーク上で使用されるコア数を更新
  • 画像の部分ダウンロード- レンダリングが終了していない場合は終わった後にその結果をダウンロード
  • スレーブスケジュールが指定された時間にスレーブの有効化/非有効化(必要なユーザー特権が付与されている必要有り)
  • スレーブはいつでも追加、消去可能。レンダリング前、レンダリング実行中、レンダリング後どの場合でも設定可能です。
  • 全てのバージョンのファイルをレンダリング可能KeyShot3/4/5(KeyShot、KeyShot Pro、KeyShot Pro フローティング)
  • KeyShotと同様にコア数が倍増するとパフォーマンスも2倍に。
  • PCとMac、両システムの混在が可能に。


お試しください

KeyShotネットワークレンダリングはKeyShot Pro、KeyShot Proフローティング用の独立した製品です。KeyShotネットワークレンダリングシステムは他の製品やアップグレード、オプションと同様にストアからご購入頂けます。