KeyShot 3.2がリリースされました。

本家のサイトでも告知されている通りKeyShot 3.2がリリースされました。今回のアップデートでは既存の機能の拡張、UIのクリーンアップ、安定性の向上などに主眼が置かれています。以下がリストとなります。

  • マテリアルテンプレートの機能拡張 – パーツとマテリアルをテンプレートアイテムとして使用。ワイルドカード(*.*)のサポート
  • ライブラリーコンテンツの読み込み(マテリアル/環境/テクスチャー等を読み込む待ち時間が無くなりました)
  • UNDO機能の再設計。新たに実装し直しました。
  • スケールと移動のサポート(スケールと移動の値が記憶されます)
  • パラメータ入力時の小数点の設定を無限に
  • 円筒テクスチャマッピングの機能拡張
  • シーンツリー上での矢印キーの採用。カメラリストなどを選択する際便利です。
  • シーンツリー上での全て畳む/全て展開機能の追加
  • レンダーダイアログ上でのリアルタイムと詳細設定を同期(レイバウンス、影の品質など)
  • 新しいカメラ“保存しない状態”機能の追加
  • リアルタイム上でレイバウンスの上限を64に設定
  • UIのクリーンアップとシステム全体のパフォーマンスの向上
  • SolidWorksインポータの機能向上(読み込み速度の向上と安定性の改善)
  • Aliasインポータの機能向上(レイヤーとシェーダ毎にインポート)
  • Creo 2.0のサポート
  • Autodesk ALIAS 2013のサポート
  • Autodesk Maya 2013のサポート
  • その他バグフィックス
  • スペイン語のサポート(UIのみ)
  • 新しいマテリアル。

注目すべきはUndo機能が改善されたことでしょうか。こちらで見た限りは3にメジャーアップ後、3.1でソフトウエア自体がかなり安定してきました。3.2では更に良くなっています。上のリストを御覧頂ければわかります通り今回は使い勝手の部分に主眼が置かれているようです。話は逸れますがV3になってからのKeyShotは製品としてはユニークで市場で固有のポジションを得たと考えています。スタンドアローン製品としてプロダクトデザイン、設計/製造寄りの機能を持ち、リアルタイムレイトレーシングを実現しているソフトウエア製品では見たところ現状これといった対抗製品は見当たりません。一方プラグイン製品としてはV-Rayが確固たる地位を築いています。ただこちらは良くも悪くもMayaやMaxの中で使うソフトです。機能が豊富な分、パラメータの数も多くKeyShotほどお手軽に、というわけにはいきません。(目指す市場が違うので当たり前ですが)KeyShotを使って3DCAD→ビジュアライゼーションソフトというワークフローがもっと広まっていくと、結果的に3Dデータももっと有効に活用されるようになるでしょう。

KeyShot3.2のデモ版はこちらから、アップデート版のダウンロードはこちらからお願いします。

またこれに伴い、Creo、SolidWorks、Rhinoのプラグインもアップデートされています。
プラグインのダウンロードはこちらからお願いします。

Rhinoceros内のレンダリングメッシュ設定とプラグイン

 

RhinoファイルをKeyShot内に読み込む際いくつか留意すべきポイントがあります。プラグイン設定も含めて簡単にまとめてみました。

  • KeyShotはRhinoジオメトリーを読み込むわけではない。(他のCADファイルをと違いKeyShot上でテセレーション設定を行うわけではない)。代わりにRhino上で作成されたレンダリングメッシュを読み込みます。
  • Rhino上でテセレーション調整を行います。ツール>オプション>ドキュメントプロパティ>メッシュを選択。デフォルト設定は粗い&高速化ですがこれは例えば表示されるスピードは速くなります。(拡大、回転など。)グラフィックカードのスペックに余裕がある場合は滑らか&やや遅いを選択してください。但しメッシュ操作にもこれは影響を与えます(トリム、分割、消去、抽出など)
  • カスタム設定で細かい設定を行うことも可能です。例えば、最大角度 – 任意の箇所でのサーフェスの法線とメッシュの頂点の間に許される最大角度、なにもいじらないとデフォルトは20°に設定されています。数値を下げるとそれにつれてポリゴン数も増えます。平面では全ての三角形が同じノーマルを有する為このパラメータによってポリゴンの増減はありません。最大縦横比 – 最初に四角形にメッシュ化される際の大きさを整えます。1から5を入力すると縦横比が整えられ、極端に細長い三角形が作成されなくなります。0の値はオプションがオフの設定になります。こちらでの推奨設定は下記になります。(これはモデルの大きさ、ハードのスペックなどとの兼ね合いになりますので絶対的なものではありません)

 

プラグインの使用方法

次にプラグインの使用方法について説明します。筆者=長谷川の環境ではRhino V4 SR9とKeyShot3.1.48をWin 7 64bit環境で使用しています。

  • ツールバーからPlugin>KeyShot3>Renderを選択
  • レイヤー毎にテセレーション設定が必要な旨告げる次のウインドウが立ち上がります。

 

  • OKを押すと下のウインドウが表示されます。ここから詳細設定を選ぶと下記のウインドウに移行します。

  • ここで最初のオプションウインドウ内で説明したものと同じ値を入力します。このモデルの場合、黄色い部分が細かくテセレート(三角形に分割される)されてるのを確認できます。

 

  • 全レイヤーのテセレートを終えるとKeyShotが立ち上がりモデルが表示されます。

Rhinoのモデルを選んで全体をメッシュ化、それをKeyShotで読み込んでも結果は同じです。プラグインの場合はレイヤー毎にテセレーション設定ダイアログが立ち上がります。デフォルト値=

粗い&高速化のままKeyShotに出力すると全体的にレンダリングには粗いポリゴンが作成されます。ほとんどの場合もう少し細かい設定が必要です。また小さなモデル(特に宝飾品などは)もっと細かいメッシュが必要です。最大角度、最大縦横比をきつめに調整するといいと思います。プラグインのダウンロードはこちらからどうぞ。

 

プラグインアップデートCreo, Pro/E Wildfire3,4,5

バグフィックスを行ったプラグイン(V1.3)が公開されています。下記リンクよりダウンロードお願いします。今回の変更点は以下になります。

  • カメラの保存 - 壊れたファイルでもカメラビューを保存
  • テセレーションの最低値 – テセレーション値が低い場合でもKeyShot側で表示できる機能
  • bipファイルの保存 – KeyShotがインストールされていなくても.bipファイルを保存する機能。Creo/Pro/Eからのカメラも含まれています。

KeyShot 3

 

  PTC Creo

 

  • パーツ、アセンブリレベルでの色情報の保持
  • アセンブリ構成の保持
  • simplified representationsの選択
  • テセレーション調整
  • 保存されたビューの保持
  • Windows XP, Vista, 7 32/64-bit

 

   Pro/E Wildfire 3  Pro/E Wildfire 4  Pro/E Wildfire 5

 

  • パーツレベルでの色情報の保持
  • アセンブリ構成の保持
  • テセレーション調整
  • simplified representationsの選択
  • Windows XP, Vista, 7 32/64-bit

KeyShot 2

 

  PTC Creo

 

  • パーツ、アセンブリレベルでの色情報の保持
  • アセンブリ構成の保持
  • simplified representationsの選択
  • テセレーション調整
  • 保存されたビューの保持
  • Windows XP, Vista, 7 32/64-bit

 

   Pro/E Wildfire 3, Pro/E Wildfire 4, Pro/E Wildfire 5

 

  • パーツレベルでの色情報の保持
  • アセンブリ構成の保持
  • テセレーション調整
  • simplified representationsの選択
  • Windows XP, Vista, 7 32/64-bit

 

プラグインアップデートCreo, Pro/E Wildfire3, 4,5

バグフィックスを行ったプラグインが公開されています。下記リンクよりダウンロードお願いします。なおWildfire 2はサポート外となっています。

KeyShot 3

 

  PTC Creo

 

  • パーツ、アセンブリレベルでの色情報の保持
  • アセンブリ構成の保持
  • simplified representationsの選択
  • テセレーション調整
  • 保存されたビューの保持
  • Windows XP, Vista, 7 32/64-bit

 

   Pro/E Wildfire 3  Pro/E Wildfire 4  Pro/E Wildfire 5

 

  • パーツレベルでの色情報の保持
  • アセンブリ構成の保持
  • テセレーション調整
  • simplified representationsの選択
  • Windows XP, Vista, 7 32/64-bit

KeyShot 2

 

  PTC Creo

 

  • パーツ、アセンブリレベルでの色情報の保持
  • アセンブリ構成の保持
  • simplified representationsの選択
  • テセレーション調整
  • 保存されたビューの保持
  • Windows XP, Vista, 7 32/64-bit

 

   Pro/E Wildfire 3, Pro/E Wildfire 4, Pro/E Wildfire 5

 

  • パーツレベルでの色情報の保持
  • アセンブリ構成の保持
  • テセレーション調整
  • simplified representationsの選択
  • Windows XP, Vista, 7 32/64-bit

 

プラグインアップデート Pro/E Wildfire3, 4,5

非表示色、非表示レイヤーの問題を解決した新しいプラグインがアップデートされています。下記よりダウンロードお願いします。

Pro/E Wildfire 3  Pro/E Wildfire 4  Pro/E Wildfire 5

 

 

KeyShot 3 プラグイン

KeyShot 3のプラグインがリリースされました。いい機会ですので、KeyShot2のプラグインのダウンロードパスも載せておきます。バージョンに寄ってプラグインが異なります。なお、Wildfire 2はサポート対象外となっているようです。Wildfire以外はこちらで動作確認を行っています。

KeyShot 3

 

  PTC Creo

 

  • パーツ、アセンブリレベルでの色情報の保持
  • アセンブリ構成の保持
  • simplified representationsの選択
  • テセレーション調整
  • 保存されたビューの保持
  • Windows XP, Vista, 7 32/64-bit

 

   Pro/E Wildfire 3  Pro/E Wildfire 4  Pro/E Wildfire 5

 

  • パーツレベルでの色情報の保持
  • アセンブリ構成の保持
  • テセレーション調整
  • simplified representationsの選択
  • Windows XP, Vista, 7 32/64-bit

 

Rhinoceros 4

 

 

  • 色、テクスチャー情報の保持
  • レイヤー構成の保持
  • Windows XP, Vista, 7 32/64-bit

 

SolidWorks 2011, 1012

 

  •  パーツレベルでの色情報の保持
  • アセンブリ構成の保持
  • Windows XP, Vista, 7 32/64-bit

 

Google SketchUp 7, 8

 

  •  色とテクスチャー情報の保持
  • グループの認識
  • Windows XP, Vista, 7 32/64-bit

KeyShot 2

 

  PTC Creo

 

  • パーツ、アセンブリレベルでの色情報の保持
  • アセンブリ構成の保持
  • simplified representationsの選択
  • テセレーション調整
  • 保存されたビューの保持
  • Windows XP, Vista, 7 32/64-bit

 

   Pro/E Wildfire 3, Pro/E Wildfire 4, Pro/E Wildfire 5

 

  • パーツレベルでの色情報の保持
  • アセンブリ構成の保持
  • テセレーション調整
  • simplified representationsの選択
  • Windows XP, Vista, 7 32/64-bit

 

Rhinoceros 4

 

 

  • 色、テクスチャー情報の保持
  • レイヤー構成の保持
  • Windows XP, Vista, 7 32/64-bit

 

SolidWorks, 2011, 2012

 

  • パーツレベルでの色情報の保持
  • アセンブリ構成の保持
  • Windows XP, Vista, 7 32/64-bit

 

Google SketchUp 7, 8

 

  • 色とテクスチャー情報の保持
  • グループの認識
  • Windows XP, Vista, 7 32/64-bit

SketchUp プラグイン修正版

以前のエントリーでSketchUpプラグインにエラーが出るとお伝えしましたが、その修正版が公開されていました。

こちらでダウンロードして試してみた所、作動しましたので公開します。こちらの環境ですがWin 7 64bitです。

プラグインをダウンロードしてインストールします。次にSketchUpを立ち上げるとKeyShotのアイコンが画面内に表示されます。

次にスケッチアップ内でモデルを作り

アイコンをクリックするとKeyShotが起動して無事にモデルが渡りました。

で、確認してみると前回はどうやら32bitのVisual C++ Redistributable(マイクロソフト系のコンパイラーで作られたソフトを動かすためのランタイムライブラリーですね)を64bit版のほうにも突っ込んでいたためエラーが出ていたようです。(弊社だけではなくあちらのフォーラム、SketchUp掲示板でも多数報告されておりました)これでは動くはずはありません。なんともお粗末な話ですが解決して良かったです。ま、ですが正直KeyShotで建築系のお客さん弊社にはほとんどおりません。建築ならV-Ray等他のレンダラーでやることをおすすめします。あと、コースティクスを捨てるならGPU系のほうが(V-Rayもその機能持っていましたね)良いと思います。建築はとにかく時間掛かりますので。

ダウンロードはこちらからお願いします。

SketchUp プラグイン読み込み時のエラー

SketchUpプラグインがリリースされていますが、現在こちらで確認しました限り、下記の環境でエラーが起きています。

こちらでの環境:

  • Windows 7 64 bit Home Premium SP1
  • SketchUP Pro8.0.4811
  • KeyShot 2.3.2

現象:プラグインインストール後以下のエラーメッセージが表示されプラグインが読み込まれません。

C:/Program Files (x86)/Google/Google SketchUp 8/Plugins/KeyShotExporter/keyShotExporter.rbファイルをロード中にエラー発生
126: 指定されたモジュールが見つかりません。   – C:/Program Files (x86)/Google/Google SketchUp 8/Plugins/keyshot_sketchup_plugin.dllkeyshotExporter.rbファイルをロード中にエラー発生
126: 指定されたモジュールが見つかりません。   – C:/Program Files (x86)/Google/Google SketchUp 8/Plugins/keyshot_sketchup_plugin.dll

この為、弊社ではプラグインの公開を現在中止しています。開発元Luxion社には既に現象を報告済みです。新しいプラグインがリリースされましたらまたご案内致します。なおファイルの受け渡しですが、プラグインを使わずにSketchUp内で保存、その後KeyShot側でインポートしてください。

Rhinoceros Plugin

現象

当方の環境

  • Win XP 32bit  SP3
  • Rhinoceros V4 SR 6
  • KeyShot V1.954

ではRhinocerosプラグインがインストールは可能ですが。作動しませんでした。Rhino内からKeyShotをキック出来ず、立ち上がりません。

回避方法

Rhinoファイル自体は正常に読み込めます。KeyShotを立ち上げて.3dmファイルを読み込んでください。なおこの現象はLuxion社に報告済みです。

追記  Keyshot 2 2.0.38でもプラグインは上手く動作しない場合があります。現在プラグインの公開は中止しております。