80スレッドでレンダリング

KeyShotを使った興味深いビデオです。Intel Developer Forum (IDF) というインテルのイベントに出展した時のものです。LuxionのCraigが見せてくれていますがマシンはかなりパワフルで、80スレッドを積んだ(Hyper thredingを使っているのでつまり40コアでしょうか)ものとなっております。KeyShotは並列処理に優れていてこういうハードウェア環境でもフルにCPUのパワーを使い切ってレンダリングを行います。

最初に出てくるチェスのモデルでは透明体を使ったコースティクスの表現、その後は人の顔をスキャンしたモデルでサブサーフェススキャッタリングを行っています。最後のモデルはなんと25億ポリゴンの大きなモデルなのですがKeyShotは問題なく読み込んでいます。おそらくソフトウエア的にピクセルごとに端折ったり、カリングなど裏で色々複雑なことをやっていると予想されます。そうでなければこのような大きなモデルをリアルタイムで動かすことは不可能です。GPU処理では絶対出来ないでしょう。

KeyShot 期間限定セールス

アメリカやカナダでは11/25日はThanksgiving、感謝祭の休日となっていますが、その次の日の金曜日をBlack Fridayと呼んで、一年で一番人々がショッピングをする日といわれています。Thanksgivingの次の月曜日はCyber Monday、オンラインショッピングのトランザクションが一番多い日といわれているようです。
Luxion社もそれに併せて期間限定セールスを行うようです。こちらでも(このような商習慣は無いもののの)同様に行います。
11/26~12/4の期間中は下記製品がなんと30%offの
KeyShot       ¥120,000 → ¥84,000
KeyShot Pro  ¥240,000 → ¥168,000
となります。
アップグレードも同様に
KeyShot 1.9 → KeyShot 2.1 ¥48,000 → ¥33,600
HyperShot web → KeyShot 2.1 ¥96,000 → ¥67,200
HypeShot HD/KeyShot → KeyShot 2.1 ¥132,400 → ¥92,400
となっております。
この機会に是非是非お買い求め下さい。お買い求めはこちらより御願いします。

Mercedes Benz カラーチャートサンプル

自動車のカタログにはカラーチャートと呼ばれる項があります。各モデルのグレードごとの差異や色の紹介をする部分で通常は後の方に載っています。 続きを読む

HDR Light Studio V2 新機能2 Background

既存のライブラリーなどからHDRを購入した場合、カメラで撮影した場合、後から修正を加えたい場合にどうしたらいいのでしょう。そんな時に便利な機能がBackgroundです(Pro版のみ)。これは個人的には一番気に入っています。下のビデオをご覧になるとよくわかるのですが、要はロケにおけるライト、レフ版です。既存の.hdrもしくは.exeファイルをHDR Light Studioに読み込んでライトを追加、KeyShot上で確認といったフローでライティングをよりクオリティの高いものに修正していってます。KeyShotはリアルタイムでレイトレーシングを行うのでこの場合、Livelightは使用していません。以前にも述べましたがHDR Light StudioとKeyShotの組み合わせは非常に使いやすく、また修正するとその結果が即座に反映される為、短い時間で質の良いイメージを作成できます。

KeyShotアップデート ビルド2.1.21のリリース

新しいビルド2.1.21がリリースされました。今回は以下の点が修正されています。

KeyShot 2.1がリリースされました。

KeyShot 2.1がリリースされました。今回のバージョンは今年の夏に行われたSiggraph 2010で展示されたものから新たに多くの新機能、機能向上等が盛り込まれています。KeyShot2をお使いのユーザーは無償でバージョンアップが提供されます。以下がKeyShot2.1に実装された新機能のリストです。 続きを読む