KeyShot3.3がリリースされました

 

KeyShot3.3がリリースされました。今回の主なバージョンアップ機能ですがKeyShotVRと新しいカラー選択機能、その他インポータの機能向上とバグフィクスとなります。

KeyShotVR

新しいテクノロジー(パテント取得中)を用いて製品をウェブで表示します。KeyShotVRといわれるアドオン製品です。(要V3 Pro)。3Dインタラクティブコンテンツを効率的に作成します。HTML5をサポートするブラウザーならどんな端末でも(タブレット、スマートフォンを含む)特別なプラグインは必要なく表示可能です。先日のエントリーでも紹介させていただきました。ウェブページの方は現在制作中です。本家のページでサンプルをいくつかご覧いただけます。

 

カラーセレクター(選択機能)

もう一つの主な新機能です。KeyShot3.3ではKeyShotプロジェクトパネル内であらゆるカラーオプションを選択可能です。スクリーン上から任意の色をピックして選択した色をパレット内で保存可能です。

Autodesk Inventor 2013のサポート

KeyShotでは数多くの3Dデータをサポートしています。Autodesk Inventor 2013のファイルを、色、名前、アセンブリ構造を保持したまま、直接インポートします。

 

その他のアップデート

  • SolidWorksからのテクスチャ扱いの機能向上
  • NX、Parasolid、Creo、Inventorインポータの機能向上
  • その他バグフィックス

既にKeyshot 3をお使いのお客様にはマテリアルライブラリーをそのまま引き継ぐ、アップデート版が用意されています。ウェブに繋がっている環境の方はKeyShotを 起動後、ヘルプ>アップデートをチェックでアップデートファイルをダウンロードしてください。また下記のリンクからダウンロードも可能です。またメールでもダウンロードパスをお送りします。

ダウンロードバスワードは1211です。

フルインストール版=デモ版はこちらから御願いします。

 

 

KeyShotアップデート ビルド3.2.36のリリース

新しいビルド3.2.36がリリースされました。このアップデートでは下記の機能追加/修正が行われています。

  • ライブラリを開いた時クラッシュする不具合の修正
  • オブジェクトを移動した時にラベルも同時に移動するよう修正
  • ラベルが見つからない時にマテリアルを黒く表示する設定
  • オブジェクトが重なった時にはラベルが表示されないよう設定
  • その他バグフィックス

既にKeyshot 3をお使いのお客様にはマテリアルライブラリーをそのまま引き継ぐ、アップデート版が用意されています。ウェブに繋がっている環境の方はKeyShotを 起動後、ヘルプ>アップデートをチェックでアップデートファイルをダウンロードしてください。また下記のリンクからダウンロードも可能です。
またメールでもダウンロードパスをお送りします。

デモ版はこちらから御願いします。

 

KeyShotタイムセールのお知らせ

都内は台風で生憎のお天気ですが(雨はあがりましたが風が強いのと湿気が凄い)、設計・製造ソリューション展開催記念ということで期間限定セールを行います。
期間は2012/6/20 12:00から2012/6/23 17:00までの約三日間、期間中は

  • KeyShot 3.2が¥120,000→¥99,000
  • KeyShot 3.2 Proが¥240,000→¥199,000

となります。これを機会に是非ご利用ください。尚

  • このセール当ショップでお買い上げ時のみご利用頂けます。
  • 製品数に限りがあります。品切れの際は途中で終了する場合があります。

ことをご理解の上ご利用ください。

KeyShot 3.2がリリースされました。

本家のサイトでも告知されている通りKeyShot 3.2がリリースされました。今回のアップデートでは既存の機能の拡張、UIのクリーンアップ、安定性の向上などに主眼が置かれています。以下がリストとなります。

  • マテリアルテンプレートの機能拡張 – パーツとマテリアルをテンプレートアイテムとして使用。ワイルドカード(*.*)のサポート
  • ライブラリーコンテンツの読み込み(マテリアル/環境/テクスチャー等を読み込む待ち時間が無くなりました)
  • UNDO機能の再設計。新たに実装し直しました。
  • スケールと移動のサポート(スケールと移動の値が記憶されます)
  • パラメータ入力時の小数点の設定を無限に
  • 円筒テクスチャマッピングの機能拡張
  • シーンツリー上での矢印キーの採用。カメラリストなどを選択する際便利です。
  • シーンツリー上での全て畳む/全て展開機能の追加
  • レンダーダイアログ上でのリアルタイムと詳細設定を同期(レイバウンス、影の品質など)
  • 新しいカメラ“保存しない状態”機能の追加
  • リアルタイム上でレイバウンスの上限を64に設定
  • UIのクリーンアップとシステム全体のパフォーマンスの向上
  • SolidWorksインポータの機能向上(読み込み速度の向上と安定性の改善)
  • Aliasインポータの機能向上(レイヤーとシェーダ毎にインポート)
  • Creo 2.0のサポート
  • Autodesk ALIAS 2013のサポート
  • Autodesk Maya 2013のサポート
  • その他バグフィックス
  • スペイン語のサポート(UIのみ)
  • 新しいマテリアル。

注目すべきはUndo機能が改善されたことでしょうか。こちらで見た限りは3にメジャーアップ後、3.1でソフトウエア自体がかなり安定してきました。3.2では更に良くなっています。上のリストを御覧頂ければわかります通り今回は使い勝手の部分に主眼が置かれているようです。話は逸れますがV3になってからのKeyShotは製品としてはユニークで市場で固有のポジションを得たと考えています。スタンドアローン製品としてプロダクトデザイン、設計/製造寄りの機能を持ち、リアルタイムレイトレーシングを実現しているソフトウエア製品では見たところ現状これといった対抗製品は見当たりません。一方プラグイン製品としてはV-Rayが確固たる地位を築いています。ただこちらは良くも悪くもMayaやMaxの中で使うソフトです。機能が豊富な分、パラメータの数も多くKeyShotほどお手軽に、というわけにはいきません。(目指す市場が違うので当たり前ですが)KeyShotを使って3DCAD→ビジュアライゼーションソフトというワークフローがもっと広まっていくと、結果的に3Dデータももっと有効に活用されるようになるでしょう。

KeyShot3.2のデモ版はこちらから、アップデート版のダウンロードはこちらからお願いします。

またこれに伴い、Creo、SolidWorks、Rhinoのプラグインもアップデートされています。
プラグインのダウンロードはこちらからお願いします。

KeyShot 3.2

 

連休中の火曜日ですが、皆様いかがお過ごしでしょう。筆者はタイに行っていた間に溜まっていた仕事に追われております。orz.. さて、KeyShot 3.2のニュースが入って来ました。今回は新しい機能の追加はなくレンダリングスピードの向上、インターフェースのブラッシュアップ、バグフィックスに主眼が置かれているようです。

 

主な機能追加は

  • シーンツリー上での矢印キーの採用。カメラリストなどを選択する際便利です。
  • マテリアルテンプレートでパーツネームとワイルドカード(*.*)のサポート
  • ライブラリーコンテンツの読み込み(マテリアル/環境/テクスチャー等を読み込む待ち時間が無くなりました)
  • レンダーダイアログ上でのリアルタイムと詳細設定を同期(レイバウンス、影の品質など)
  • スケールと移動のサポート(スケールと移動の値が記憶されます)
  • リアルタイム上でレイバウンスの上限を64に設定
  • UIのクリーンアップ

その他の機能拡張は

  • SolidWorksインポータの機能向上
  • Autodesk ALIAS 2013のサポート
  • Autodesk Maya 2013のサポート
  • Creo 2.0のサポート
  • スペイン語のサポート(UIのみ)

となります。今後数週間以内にリリースされる予定です。バージョン3も3.1以降だいぶ安定してきました。未だアップグレードされていない方はこれを機会に是非お勧めします。2に比べるとやはり段違いにいいです。

 

お知らせ

いつもKeyShotをご愛用頂きありがとうございます。さて、担当者=長谷川は26, 27日とタイに出張の為不在となります。オーダーは通常通り行えますが、電話は通じにくくなります。お問い合わせ等はメールでお願いします。天気予報を見るとバンコクは既に36°。真夏ですねこれはw。

KeyShotのライセンスに関して

ご存じの通りKeyShotのライセンスはライセンスファイルを使って行うものですが、現状合計3台まで登録が可能です。ただ、以下の制限があることをご注意下さい。

  • KeyShot使用時に発行したライセンスコード(H○×などで始まる20桁のコード)に対してハードウェア3台までは使用可能です。
  • アップグレードしてバージョンが変わっても合計数三台は引き継がれていきます。
  • サブスクリプションに加入していてもしていなくてもこのルールは変わりません。
3台分使ってしまったら買い直さなくてはいけないというルールなのですが、この辺りの告知が不徹底だとお叱りを受けました。こちらではこのルールの説明をLuxion社と足並みを揃える形で行ってきたのですが、再検討した後この件に関しては積極的に情報を出していこうと決定しました。本来はリセラーの方向性が開発元とずれるのは、いろんな誤解を招くので、ブランド構築も含めてあまりよろしくないのですがこれに関しては例外です。

ルールの是非に関してはここでは触れませんが、Luxion側の告知の仕方に問題がある、というのが当方の解釈です。あと、本来はサポートの範疇での要件(購入した後の話なので)なので基本的にはサポートに入っていないユーザーには責任が持てないという意見もありました。正論なのですが、ユーザ側の便宜性を優先させていこうという方向性にこれも修正します。いずれにせよ紛らわしいのはよくないな、というのがこちらの考え方です。あとFAQに乗せる予定です。(FAQも本来プリセールスなのでサポートと同様扱いは違うのですがこれも例外ですね)

またLuxion社側では

  • Proにあげることによりリセット。(Proの場合ライセンスがPで始まる故)
  • Proも台数制限があるがこれが上限に達したらフローティングにアップする

といういわば代替案も用意しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジュネーブモーターショーにて

先日、出張でスイスに行く旨の記事を書きましたが、プレスカンファレンスも無事終わり、情報が解禁されましたので、ここで何をやってるか?、というご紹介をしたいと思います。(KeyShotとは直接関係ないのですが、弊社の他の事業をご紹介する、ということでご勘弁お願いします)。

只今、スイスはジュネーブで行われているモーターショーに来ています。車好きの方はご存じかと思いますが、ジュネーブモーターショーは今年で82回目を迎える、モーターショーとしては老舗の有名なショーです。(ヨーロッパでは他にはパリ、フランクフルトがあります。その中で集客が一番多いのがパリ、フランクフルトはドイツのメーカーが威信をかけて行うもの、ジュネーブはもう少しインターナショナルな場所といった位置づけでしょうか)今回は富士重工さんのブースにコンテンツを提供させて頂いています。

3DCGといってもカタログやムービーではなく、今回はちょっとしたゲームコンテンツを制作しました。同社のボクサーエンジンの持つメリット(低重心や低振動)をゲームを体験することによって理解してもらおうという試みです。

一種の音ゲー、連打系のゲームなのですが、ルールが極めて簡単なせいか、皆さん結構楽しんでやってくれています。因みに中のCGですがコンテンツはエンドからのCADデータを変換していて、レンダリングエンジンは独自のリアルタイム系のものを用いています。

YouTube Preview Image

お知らせ

いつもKeyShotをご愛用頂きありがとうございます。担当者=長谷川は3/9まで海外出張(主にスイス、ジュネーブ)で不在となります。ご注文は通常通り行えますが、御質問の回答は少し遅れることがあります。また電話は出られない場合がありますのでなるべくメールでお願いします。ご迷惑をおかけ致しますがよろしくお願いいたします。

それにしても今冬はヨーロッパ大寒波で-20°とかいっててどうなることかと思いましたが、(正直仕事ながらあまり気乗りしなかったです、ってそんなこといっちゃいけませんがw)、最近の天気予報を見る限り、ジュネーブも2°などだいぶ暖かくなってきたようです。なにはともあれほっとしております。