KeyShotアップデート ビルド5.2.10のリリース

KeyShotの最新バージョンKeyShot5.2がリリースされました。今回はKeyShot 5→KeyShot 6へのメジャーアップデート前の最後のアップデートになります。この前バージョン5.1ですがOS X Yosemite環境で日本語が文字化けする現象が発生していてリリースを止めていました。このバージョンでは修正されています。また一部Windows環境で立ち上がらない現象が報告されていましたがこちらはこのバージョンでも確認した限り発生するようです。おそらくビデオカード周りの問題と想定されているのですが特定出来ていません。立ち上がらない場合は5.0.99まで戻してください。

以下バージョンアップの詳細となります。

  • OSX Yosemite環境での文字化けの修正
  • SolidWorks2015のサポート
  • モーションブラーの機能拡張
  • KeyShot Pro floatingのタイムアウト機能の追加
  • 二面設定を行わない時に発光マテリアルの表示
  • カラーライブラリー内でのガンマ修正
  • レイバウンスを多く設定した際でのコースティクス使用時に発生するノイズの修正
  • 終了時にハングする現象の修正
  • その他バグフィクス

既にKeyshot 5をお使いのお客様にはマテリアルライブラリーをそのまま引き継ぐ、アップデート版が用意されています。ウェブに繋がっている環境の方はKeyShotを 起動後、ヘルプ>アップデートをチェックでアップデートファイルをダウンロードしてください。また下記のリンクからダウンロードも可能です。フローティン グ版の方は別途メールでお送りしています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.