KeyShot4に関して

creoとのLiveLink

Tech-Onにも取り上げられてましたがKeyShot4の情報が公開されました。(つまり解禁されましたのでここでもご紹介させて頂きます。)今回実装される主な機能は

  • Livelink CAD側で形状が変更されるとそれがダイレクトにKeyShot側に反映される。(サポートされるCADは当初はPTC Creo, SolidWorks, Rhinoceros)
  • シボテクスチャのライブラリ(Mold-Tech社のもの)
  • レンダーパス

となります。

 

この中で注目しているのはレンダーパス機能です(影やリフレクション、ディフューズなどを別個にはき出す、V-Rayなんかではお馴染みの機能です。)今までは別個に設定する必要があったのですが、これによりその作業の手間がなくなります。広告系のコンテンツ作成では(製品デザイン/開発と異なり)ポスト、レタッチ、コンポジット処理をいかに効率的にやるかが鍵となります。LiveLinkに関しては非常に便利な機能です。特に工業デザインの用途で有益なのではないでしょうか。CADで形状をちょっと弄ってすぐに質感を見たい、というのはこのクラスタでの用途だと思われます。シボに関してはまだ現物を見ていないのでなんともいえませんが、日本はこの手のものの要求スペックが非常に高いのと、あとUVどうするんだろう、というのがあります。ご存じの通りCADで作ったNurbsデータにはUVがありません。この手のお仕事をやられたことがある方ならすぐわかると思いますが、単純なシボならともかくちょっと模様が入っているようなものだと製品に貼り付けるだけだとたちまち破綻しますよね。皆さん苦労されていると思います。KeyShotの中では、現状UVを作る機能が無いのでひょっとしたら他のソフトでUVをあてる必要が出てくるかもしれません

米Luxion社、CGツール「KeyShot」新版でCAD連携を強化、「シボ」の質感も用意

Luxion KeyShotインタビュー

Luxion社のマーケティング担当VPであるThomasがあちらのCAD系のサイトCADdigestのインタビューに答えています。Luxionについて、3.3について、KeyShotVRについてなど様々な質問が並んでいますが、そのうち面白かった部分を下記に翻訳/転載します。

Q:KeyShotに関する将来のプランで具体的なものはありますか
A:まず「アセンブリが変更された場合レンダリングモデルはどうなるか?」疑問に答えようとしています。KeyShotとCADシステムのライブリンク機能のデモ版が既に公開されています。まずCreo、SolidWorks、Rhino用途となるものです。今年後半にKeyShot4がリリースされますが、ここでその機能が実装されます。CAD上で3Dモデリングを行った後、新しいアップデートボタンを押すと変更のあったパーツだけKeyShotに送られます。マテリアルやアニメーションはそのままでそれにより再レンダリングの時間がかなり短縮されるはずです。

Q:今後レンダリングソフトはどのような方向に行くとお考えですか?
A:NVidia社などは特に将来のレンダリングエンジンは全てGPUベースになると考えているようですが、我々はGPUベースのソフトウエアはハードウエアに依存しすぎていると考えています。複数の特別なグラフィックカードが必要ですし、その場合も素早いレンダリングを行うには同時に行う計算数を制限する必要があります。つまりラップトップコンピュータでは不可能、ということにもなります。多くのユーザはモバイルPC上でCADを動かしています。オフィス内でも世界中どこでも他の場所に移動する必要があるのです。

対照的に、我々の製品は100%CPUベースです。つまり大抵のPCで動作します。KeyShotでの物理的制約はRAMの容量だけです。RAMは多ければ多いほど快適に動作します。KeyShotはまたCPUの持つ全てのコア、スレッドを100%フルに活用します。コア、CPU、スレッドを2倍にすると計算処理も2倍になります。64コアのSuperMicroシステム上でも、ソフトウエアを書き直すことなく、64コア全てを使って計算を行います。

また、CPUベースであるということは、レンダーファーム内でネットワーク上のどのコンピュータもスレーブとして利用できることを意味します。KeyShotネットワークレンダリングソフトをファーム上で走らせる時も特別なグラフィックカードは必要ありません。(年間\1,800/コア)。例えばオフィスで皆が仕事を終えて家に帰った後、彼らが使用しているデュアルコア/クアッドコアのマシンを有効活用してネットワークレンダリングを行うことも可能です。

興味深いのは日本でも同様の現象が見られることです。筆者も結構な数のユーザーと話をしたことがありますが、「うちはレンダリングやらない。もしくは要らない」というユーザ(特にCADを純粋に設計ツールとして使用しているユーザ)やはり多いです。例えば設計の部署内ではレンダリングは必要ないかもしれません。CADのシェーディングのままでもお互い暗黙知として理解している部分が多いので設計者同士では話が通じる場合が多いのです。但し意思決定者層へのプレゼンやコンセプト段階でのデザイン評価などはなるべくリアルなものを作った方が評価は(当たり前ですが)良くなります。

反対にマーケティング用途ではこういうツールの威力に気づきつつある人が多いようです。弊社のユーザで建材などを製造している会社があります。レンダリング等は当然KeyShotが初めてなのですが、この前見せて頂いたカタログでは実に綺麗な絵を作っていました。(このユーザは機会があったら是非紹介したいですね)。いつも感じることですが、ツールが持つ実際の能力よりも人間側のメンタリティがボトムネックとなっていることのほうがむしろ多いようです。