KeyShotアップデート ビルド3.2.36のリリース

新しいビルド3.2.36がリリースされました。このアップデートでは下記の機能追加/修正が行われています。

  • ライブラリを開いた時クラッシュする不具合の修正
  • オブジェクトを移動した時にラベルも同時に移動するよう修正
  • ラベルが見つからない時にマテリアルを黒く表示する設定
  • オブジェクトが重なった時にはラベルが表示されないよう設定
  • その他バグフィックス

既にKeyshot 3をお使いのお客様にはマテリアルライブラリーをそのまま引き継ぐ、アップデート版が用意されています。ウェブに繋がっている環境の方はKeyShotを 起動後、ヘルプ>アップデートをチェックでアップデートファイルをダウンロードしてください。また下記のリンクからダウンロードも可能です。
またメールでもダウンロードパスをお送りします。

デモ版はこちらから御願いします。

 

KeyShotタイムセールのお知らせ

都内は台風で生憎のお天気ですが(雨はあがりましたが風が強いのと湿気が凄い)、設計・製造ソリューション展開催記念ということで期間限定セールを行います。
期間は2012/6/20 12:00から2012/6/23 17:00までの約三日間、期間中は

  • KeyShot 3.2が¥120,000→¥99,000
  • KeyShot 3.2 Proが¥240,000→¥199,000

となります。これを機会に是非ご利用ください。尚

  • このセール当ショップでお買い上げ時のみご利用頂けます。
  • 製品数に限りがあります。品切れの際は途中で終了する場合があります。

ことをご理解の上ご利用ください。

KeyShotテクニカルプレビュー:ライブリンキングで3Dモデルをリアルタイムにアップデート

ぼつぼつとKeyShot 4の情報が出て参りました。KeyShot 4のベータ版は今秋に登場する予定とのことです。いくつかの新機能がこれから紹介されていきますが、そのうちの1つがKeyshot Live Linkingです。これはKeyShotと3Dモデラートの連携をよりスムースにするもので、今までのプラグインの発展型といえるものです。

Live Linking

3Dモデラー上でモデルを変更、置き換えなどを行うとそれがインスタントにKeyShot側に反映される、という仕組みです。下の画像はCreoで作られたものですが他の3DCADにも同様の機能が備わるようです。この手の機能はデザイン/設計の部署で特に有効ではないでしょうか。他のソフトには似たような機能がありましたがなるほど今までKeyShotにはありませんでした。この機能は今年度末に登場するKeyShot 4に実装されます。

フリーのHDRI素材

フリーのHDRIがこちらのサイトからダウンロード出来るようです。解像度は4Kなのでそれほど高くありませんが、GPUレンダリング/テスト/ライティング/プロダクト系のビジュアライゼーション等々には使えるのではないでしょうか。勿論KeyShotにも利用可能できますしHDR LightStudioで編集も可能です。

画像下の”They can be downloaded in one 7zip package from HERE.”のHEREからダウンロード可能です。

Sharing a few more HDRs