KeyShot 3.2がリリースされました。

本家のサイトでも告知されている通りKeyShot 3.2がリリースされました。今回のアップデートでは既存の機能の拡張、UIのクリーンアップ、安定性の向上などに主眼が置かれています。以下がリストとなります。

  • マテリアルテンプレートの機能拡張 – パーツとマテリアルをテンプレートアイテムとして使用。ワイルドカード(*.*)のサポート
  • ライブラリーコンテンツの読み込み(マテリアル/環境/テクスチャー等を読み込む待ち時間が無くなりました)
  • UNDO機能の再設計。新たに実装し直しました。
  • スケールと移動のサポート(スケールと移動の値が記憶されます)
  • パラメータ入力時の小数点の設定を無限に
  • 円筒テクスチャマッピングの機能拡張
  • シーンツリー上での矢印キーの採用。カメラリストなどを選択する際便利です。
  • シーンツリー上での全て畳む/全て展開機能の追加
  • レンダーダイアログ上でのリアルタイムと詳細設定を同期(レイバウンス、影の品質など)
  • 新しいカメラ“保存しない状態”機能の追加
  • リアルタイム上でレイバウンスの上限を64に設定
  • UIのクリーンアップとシステム全体のパフォーマンスの向上
  • SolidWorksインポータの機能向上(読み込み速度の向上と安定性の改善)
  • Aliasインポータの機能向上(レイヤーとシェーダ毎にインポート)
  • Creo 2.0のサポート
  • Autodesk ALIAS 2013のサポート
  • Autodesk Maya 2013のサポート
  • その他バグフィックス
  • スペイン語のサポート(UIのみ)
  • 新しいマテリアル。

注目すべきはUndo機能が改善されたことでしょうか。こちらで見た限りは3にメジャーアップ後、3.1でソフトウエア自体がかなり安定してきました。3.2では更に良くなっています。上のリストを御覧頂ければわかります通り今回は使い勝手の部分に主眼が置かれているようです。話は逸れますがV3になってからのKeyShotは製品としてはユニークで市場で固有のポジションを得たと考えています。スタンドアローン製品としてプロダクトデザイン、設計/製造寄りの機能を持ち、リアルタイムレイトレーシングを実現しているソフトウエア製品では見たところ現状これといった対抗製品は見当たりません。一方プラグイン製品としてはV-Rayが確固たる地位を築いています。ただこちらは良くも悪くもMayaやMaxの中で使うソフトです。機能が豊富な分、パラメータの数も多くKeyShotほどお手軽に、というわけにはいきません。(目指す市場が違うので当たり前ですが)KeyShotを使って3DCAD→ビジュアライゼーションソフトというワークフローがもっと広まっていくと、結果的に3Dデータももっと有効に活用されるようになるでしょう。

KeyShot3.2のデモ版はこちらから、アップデート版のダウンロードはこちらからお願いします。

またこれに伴い、Creo、SolidWorks、Rhinoのプラグインもアップデートされています。
プラグインのダウンロードはこちらからお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.