KeyShotのライセンスに関して

ご存じの通りKeyShotのライセンスはライセンスファイルを使って行うものですが、現状合計3台まで登録が可能です。ただ、以下の制限があることをご注意下さい。

  • KeyShot使用時に発行したライセンスコード(H○×などで始まる20桁のコード)に対してハードウェア3台までは使用可能です。
  • アップグレードしてバージョンが変わっても合計数三台は引き継がれていきます。
  • サブスクリプションに加入していてもしていなくてもこのルールは変わりません。
3台分使ってしまったら買い直さなくてはいけないというルールなのですが、この辺りの告知が不徹底だとお叱りを受けました。こちらではこのルールの説明をLuxion社と足並みを揃える形で行ってきたのですが、再検討した後この件に関しては積極的に情報を出していこうと決定しました。本来はリセラーの方向性が開発元とずれるのは、いろんな誤解を招くので、ブランド構築も含めてあまりよろしくないのですがこれに関しては例外です。

ルールの是非に関してはここでは触れませんが、Luxion側の告知の仕方に問題がある、というのが当方の解釈です。あと、本来はサポートの範疇での要件(購入した後の話なので)なので基本的にはサポートに入っていないユーザーには責任が持てないという意見もありました。正論なのですが、ユーザ側の便宜性を優先させていこうという方向性にこれも修正します。いずれにせよ紛らわしいのはよくないな、というのがこちらの考え方です。あとFAQに乗せる予定です。(FAQも本来プリセールスなのでサポートと同様扱いは違うのですがこれも例外ですね)

またLuxion社側では

  • Proにあげることによりリセット。(Proの場合ライセンスがPで始まる故)
  • Proも台数制限があるがこれが上限に達したらフローティングにアップする

といういわば代替案も用意しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

KeyShotのライセンスに関して” へのコメント

  1. はじめまして。突然のコメントにて失礼いたします。
    (Luxionのフォーラムでお目にかかっているかもしれませんが)
    ・PCを3台買い替えた
    ・故障でマザーボードを3回交換した
    ・一時的に複数のノートPCで動作確認してみた
    このいずれの場合でもKeyshotを買い直さなければならない、ということになると思いますが、本当でしょうか?
    しかもKeyshotをアップグレードし続けていても、PC3台買い替えのたびにKeyshotを新規購入する必要がある、ということですよね。
    そんなライセンスポリシーになっているとはちょっと信じがたいのですが。。。

  2. こんにちは。基本的に当社ユーザではない方には直接メールしているのですが(他の販社に迷惑を掛けないため)これに関しても例外としてコメント致します。(エントリーで述べたよう情報の告知の仕方がまずかったためです。)

    仰るよう、基本的登録できるのは計3台までです。

    ・PCを3台買い替えた
    ・故障でマザーボードを3回交換した
    ・一時的に複数のノートPCで動作確認してみた
    のような状況でも同様です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.