KeyShot 3とHDR Light Studio V3 ガンマ設定

KeyShotが2から3にバージョンアップしていくつか変更された点がありました。この中でライティングに関しては旧来のガンマスライダーがコントラストに変わっています(ガンマ値を設定する、というパラメータそのものには変更はありません)。ガンマに関しては簡単に説明したエントリーがこちらにあります。

HDR Light Studioのブログにこの変更点を詳しく説明したエントリーがありました。以下こちらでも説明してみます。

KeyShot 2インターフェースの環境タブ内にあったガンマスライダーがKeyShot 3ではコントラストに置き換わっているのがわかります。KeyShot 3で新しいシーンを作成する場合、デフォルトでコントラストは2.5になります。これを試しに1に戻してみました。これによりHDRIのライト情報が正確に反映されると考えたからです。コントラストを弄るとそれぞれのライトの輝度が相対的に変わるので不正確なものとなります。でもこれは間違いだったようです。2.5の設定は正しいものでありこれはKeyShot 2のガンマ設定の1に相当します。


KeyShot2でシーンを開いた所、ガンマ設定は1.0となっています。HDR Light StudioとKeyShot 2を使うには正しい設定です。

 


同じファイルをKeyShot 3で開くとコントラストは2.5に設定されており、シーンの見た目もそっくり同じものとなります。つまり、HDR Light Studioを使用する時はコントラストの正しい設定値は2.5となります。この値はどこから来るのでしょう?

旧いガンマ設定との関連を確認してみましょう。KeyShot 2でガンマ設定を色々と試してみてKeyShot 3で開いてみる、ということをやってみて相関性を調べてみました。その結果 KeyShot 3コントラストの値 = 3.5 マイナス 旧いガンマの値、であることがわかりました。例えば3.5 – 1 = 2.5となります。

KeyShot 3でシーンを作成する時に、この値をご参考に頂けたらと思います。このような小さな変更に時として頭を悩まされる場合があります。KeyShot上でHDR Light Studioを使ってシーンを作成する時はこのコントラストを弄らずに2.5のままにしておいてください。最終イメージ上でガンマを変更するのが正しいやり方です。

また、HDR Light Studioを用いずに市販のHDRイメージを用いる場合、見た目を良くするためにガンマがデフォルトで2.2に設定されている場合がよくあります。この場合、現実世界のライティング情報が変更されているため不正確なものとなります。つまりガンマをこのように変更した場合、500wのライトは1,000wのライトの半分の輝度ではなくなってしまいます。これを正しい値に修正するには、ガンマ設定値2.2の逆数、1/2.2 = 0.4545を入力します。KeyShot 3でガンマ値0.4545を適用するには、先ほど述べた、環境タブ内にあるコントラストの値を(先ほど述べた数式に沿って入力すると)3.5 – 0.4545 = 3.0455 となります。この場合は小数点以下は無視して3で入力して頂いてかまいません。

よくDOSCHなど、市販のHDRIを買ってきてレンダリングする場合、ガンマがあってなくてへんてこな色になるのも上記の理由からです。確かDOSCHもデフォルトガンマ2.2で設定してあるはずです(100%定かではありませんが)。

KeyShot 3とHDR Light Studio V3 ガンマ設定” へのコメント

  1. HDRIでの見えっぷりはそろうかもしれませんが、テクスチャーを貼るときはどうしたら良いのでしょうか?マテリアルでディフューズ値を50%(128)グレーで設定した場合と、50%(128)のグレーの画像をテクスチャーで貼り付けたときでは明るさがまったく違ってしまいます。テクスチャーがなければKeyShot2のときと同じようになったのですが版下を貼り付けた商品パッケージのようなものは全然合わないので悩んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.