KeyShot 2.2 まもなくリリース!

KeyShot 2.2がまもなくリリースされます。既に概要はSolidWorks社が行っているカンファレンス、SolidWorks World 2011で公開されてもいるようです。

詳しい情報はまた改めてこのブログでお知らせしますが、主な新機能は

  • 階層構造を持ったシーンツリー(CAD上のサブアセンブリ情報も保持)
  • 複数のオブジェクトを同時に移動できるなどリアルタイムウインドウ上での機能向上
  • インポートプロセスの最適化
  • SolidWorks 2011, CATIA V5, AutoCAD, Inventorなどの新たなフォーマットのサポート
  • 複雑なマテリアルを用いた場合のレンダリング処理速度の向上
  • 新たな言語サポート(フランス語、イタリア語、韓国語、中国語)
  • 3D SpaceNavigator (Mac/PC)のサポート

となっております。リクエストの多かった機能が追加されております。個人的には上にはありませんが.fbxファイルをエクスポートした場合のカメラ位置のサポートでしょうか。これでMayaで決めたカメラ設定が(煽りも含めて)そのまま引き継がれることになります。この部分、実は続きがありまして、夏にリリースされるKeyShot 3ではアニメーションもサポートされる予定で、fbx経由のアニメーションも実装される機能の一つに入っているようです(確定ではありませんが)。この辺も非常に楽しみです。

なお、KeyShot 2.2、現状の2.1をお使いのお客様はそのままアップグレード頂けます。公開は今のところ2/1を予定しております。

  • Hierarchical scene tree
  • Improved interaction with objects in realtime including moving multiple objects simultaneously
  • Optimized import procedure
  • Support for new file formats including SolidWorks 2011, CATIA V5, AutoCAD and Inventor
  • Faster rendering of complex materials
  • Additional Language Support including French, Italian, Korean and Chinese
  • Support for 3D SpaceNavigator (Mac/PC)

異なるパスの作成方法

KeyShotを広告/マーケティング用途に用いる場合、レンダリング後のイメージはそのままそっくり使用するのではなくPhotoShopなどを用いてポスト処理を行うことが通常のワークフローだと思われます。 続きを読む