穴の空いたマテリアルをテクスチャーで設定

穴が空いたマテリアルというのは現実世界に良くあると思います。(車のスピーカーカバー等)

これもよく使われるテクニックですが例えば下のような質感のマテリアルを作りたいとします。

お手元にテクスチャーがあると仮定して

以下の要領で可能となります。

  • テクスチャーはアルファチャンネルつきのtifで作成
  • 元テクスチャーからノーマルマップを作成
  • general materialを使用

で、上記のような表現が可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.